そのまま「観る」という科学
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

考えに流されるという事は

簡単にいうと、自分の軸がない事で生じる思考や行動。

自分の中に指針がないと、外から入ってくる思考の取捨選択ができません。

こういった話で展開していくと良い話になりそうなのですが、自覚の観点から見るなら単なる対処法になるのでこういった話を膨らますことにはなりません・・・・・が敢えて書くなら・・・・・

自分自身に軸を持つことで、情報処理がシンプルになります。

シンプルになりますから見かけ上処理能力が上がります。

頭が良い方々は自然にこれをやっていて、例えば仕事の基準が明確であると、その基準を満たすか満たさないかで考えればよいので、満たさない事について考える必要は無くなっていきます。

仕事ができない方の場合、基準が無いか曖昧です。

その為に、色々な意見や手法を取り込もうとしますが、そのためにすぐにキャパシティの限界を迎える事になります。

キャパシティの大きさが同じでも、情報処理能力が同じでも、見かけ上仕事ができないという事になります。


そういった事を表面的に見ると、考えに流されているという表現ができます。


こういった事は至る所で見て取れる取れますが、このケースは目的(達成)意識を共有していく事で、仕事がスムースになる傾向にあります。





と言った事は自覚ではナンセンスですが、ノウハウという意味でわかりやすく、そういった事が多くの方に好まれるのはわかっているのですが普段はとても書けません。

軸という思考に依存する事から出発しているからです。


ところで、今マスクをつけ続けている方々どういった考えから(影響から)マスクをつけ続けているのでしょうか。

それを批難も肯定もしませんが、マスクをつけつづける事によって具合が悪くなっている方も少なくないように思います。

これから先、大切な事は免疫力を高める事だと私は考えていますが、マスクが血中の酸素濃度を下げて免疫力を下げるというお話もありますし、様々な影響から体力を低下させる事に繋がっているように思います。

うがい薬を衝動的に買っている方々はどうでしょうか。

少しでも安心を得ようとする時、何らかの思考停止を起こしています。


人間の恐怖は思考停止をまねきます。

思考停止すると、判断を自分の意思でできなくなります。

思考停止は恐怖だけではなく色々なところで起きます。

その事については長くなりますのでまた別の回で書きたいと思います。


今の社会は思考停止が様々なところで起きています。

それに気付かないかぎり、それを補うノウハウを探し続け、さらなる思考停止を引き起こします。


考えに流されている場面は随所に見る事ができます。

それに気付く事も自覚ですが、自覚が起こると必ず肯定的な変化が起こり始めます。

人間は生涯流されたまま生きています。

各分野のリーダー的存在であってもです。

良い事悪い事という判断の中で生きているなら流されている事になります。

誰でも悪い事を好んでやる方はいないと思いますが、色々な観点から見た時に、良いことをやろうとすることが悪い事であったり、自分を苦しめたりすることになります。

そうなると、自分を苦しめる事は悪い事という判断がまた出てくるのではないでしょうか。


差取り塾を続ける中で、目覚めていくという事は比較的簡単に起こしていく事ができます。

なぜなら、人間の思考の枠を超える必要が無いからです。

そして、枠を超えたお話を聞いているうちに目が覚め始めます。


私にとってそこはゴールではなので、実際に枠を超えた状態「悟り」に至り、さらにその先までご案内します。

目覚めの状態では、枠を超えた話に何らかの影響を受けます。

その状態は流されていると言っていい状態です。

流されながら、修正していく事で「目覚め」が起こっていきます。

そこからさらに進んでいこうという考え方も実は流されています。

自分で進むという事は自分の考えで進んでいくという事であり、自分の枠の中で思考が展開されます。

それはちょうど流れるプールの中にいるようなものであり、どんなに泳ごうが、その中にいること自体気づくことは困難です。

プールなら淵がありますが、思考の流れるプールの中でその淵を認識することはできないのです。


どこかで、悟ったと自分で判断する方法という動画のサムネを見ましたが、それがどういったことに繋がるかは私にとって陽の目を見るより明らかです。


これから先、流されないためにはどうしたらよいか・・・・・・

それを考えている時点で流されているわけですが・・・・・・

こういった事をお伝えしながら目覚めて、悟っていく事になります。

すると生活も楽になり、生きる事が楽になっていきます。

ノウハウは、勉強することなく知っていて創り出すことができるようになります。

実践的であり、勉強して身につける事とは次元が違います。

勉強する方はできない状態から勉強をしていますが、自覚をされる方はできる状態になってからするしないを自分で決める事になります。

この違いの価値を感じられる人間はどれほどいるでしょうか。

差取り塾では実践的なお話を通して楽になり目覚めて、悟っていくことになります。

それは同時に情報リテラシーを高めていくという事となり、これから刷新される社会において重要な役割をしていく事になります。

先日、悟りと目覚めの違いを書きましたが、違うことを言っている方を責めたり糾弾するためのものではありません。

今回書いたことで半年後にはかなりそれらを取り巻く状況が変わっている事になります。

他の記事も書くことによって、ブログを読んでいない方にも影響が及んでいる事になります。

そういった事を意識していると、まるでこのブログを読んだのかとおもうような場面に出会うようになるでしょう。


過ちをなおそうとすることは、自分自身にだけ行うべきです。

他者に対してそれを行うという事は、自分自身を失っていく事になります。


しかし、世の中には過ちを正そうとする方が沢山いらっしゃいます。

そのような葛藤が必要な時期もこの地球上にはあります。

そのことを通して、学ぶべきことがあります。

不正を正す事について、あまり生産性を感じません。

不正を何とかしようとすることが不毛に見えるからです。

不正は、不正を在るようにする心から出てきます。

その心の持ち主である人間が変わらないかぎり不正は無くなりません。

不正はその人間の産物であり、いくらでも無限に作り出されます。


私からすると、地元の腹黒い人間と、日本の政治を動かす腹黒い人間の仕組みは同じです。

同じ考え方をして同じような行動をとります。


その「同じ」を見ていった時、人間が何を大切にするべきなのかという事がわかってきます。

近所のおじさんでも、政治家でも、意識の成熟なくしては考え方や行動は変わりません。


物事を良い悪いで判断しているうちはそれを見通すことはできません。


そうはいっても、私も腹黒い人間には怒りを持っていました。

だからこそ、本気で何とかしてみようとしましたし、最も合理的な方法を探しました。

探した結果、「自覚」にたどり着いたのです。


世の中もしくは他者を変えるという事をやるためには、まず自分が変わらなければいけませんでした。

それをしているうちに、変えようとしている私自身がどの様な認識をしていて、どのような思考をしているのかがハッキリわかるようになります。

すると、そこに矛盾や不合理が浮かび上がってくる事になります。

その不合理が無くなればなくなるほど、さらに見えてくるものがあります。

その結果、最も早く世界や人を変える方法は、一人ひとりわかる者からわかっていくという事でした。

それは今でも伝えるという事を通して続けています。

そして、表現していく事。

それは意外にパワフルな事だという事を表現しているうちに経験的に理解するようになりました。

不正を放っておくという話ではありません。

それがあなたが今やるべきことなのかという事です。

都合に絡めとられる人間がいて、その不正に怒りを感じる人間がいて、成り立っている。

そうしながらわずかな意識の進化を起こします。


その進化があるところまで来ると、一気に加速する時期があります。

すると人間は内側に向かい始めます。


不正を糾弾するという事は意識が外側に向くという事であり、進化のスピードは極端に遅くなります

しかし、その経験は次の進化に活かされることになります。

糾弾すること自体に意味はなく、進化していく為の触媒と言えます。

それと同じで、人間のまま良い社会をつくろうとすることにも意味はありません。


人間がつくる社会は必ずひずみが生じるからです。


今最も大切な事は、人間から人になる事です。

この移行が遅れると、人類は破滅することになります。


それが計画されているのは3~4年後と聞いいます。

激動の時代を迎えている中、人類の進化は促され続けています。

それでも、自分を守る事ばかり考える人間は多くいて、恐れを大きくするばかりです。

計画とは、宇宙連合とかそういった類のものではなく、オリンピック延期(中止)や今回の騒動を動かしている勢力の話です。

綿密に練られた計画は、日本人に変化の最先端を求めています。

しかし、その道のりは末法の時代とも相まって、前途多難な状況にあります。


目覚めても、人間のままです。

人になるにはその先に進まなければなりません。

今私は、線引きがどこになるのかという事を探っています。

どこまで、意識を高めれば世界はつぶれないのか・・・・・・


話は少し逸れますが、悟りは個人的な事です。

しかし、深い悟りを得たのなら、地球という遊園地から卒業できることになります。

そうなると、これから世界はどうなっていくのかという事は関係ありません。

死んで、地球に生まれてくる事は無くなります。

これからどうなろうがそれだけは確定します。



さて、目覚めた人間が傲慢になることなくさらなる進化を続ける事は大切な事です。

それとは別に、進化しやすい環境が整っていくということはどういう事かというお話は以前書きました。

意識の進化に対して、苦しみを味わうという事は必ずしも必要な事ではないというお話でした。

しかし、苦しみが進化する原動力になる事も確かです。

今の社会では、苦しみがない限り人間が変わろうとする事は稀です。

しかし、これからの時代は、誰でも生きるという事が進化に繋がっていくべきだと考えています。

それにはどうしたらよいかという事も答えがあります。

個人の深い悟りは、その準備であり理想の社会を形成するためには必要不可欠です。


目覚めの段階ではまだまだ現象に影響されます。

それを超えた時、天国の様な神様が住人の様な社会が出来上がっています。


しかし、私はその理想を前面に出すことはありませんし、その理想を実現しようとする運動はしません。

そういった運動は宗教家や政治家に任せます。

そんなことをしてもただ遠回りなだけです。

変わる意思を持った一人ひとりが進化していく事が最も早く確実な方法なのです。

理想は描くものではなく、主張するものでもありません。

人間が人になった時、理想を超えた理想を生きているのですから。

2020/08/04 08:27 差取り TB(0) コメント(0)
タイトルは少しマイルドに書きましたが、これは全く違います。

なぜこのような事を書くかというと、昨日塾生の方と話していて只管打坐とワンネス体験の区別ができないアマゾンレビューを見ていて、「末法」と言う言葉がインスピレーションとして入って来たことから、書くことにしました。

そもそも、末法という言葉の意味を私は知りません・・・・・・そこで、調べてみると・・・・・

ウィキペディアから抜粋

末法思想(まっぽうしそう)とは、釈迦が説いた正しい教えが世で行われ修行して悟る人がいる時代(正法)が過ぎると、次に教えが行われても外見だけが修行者に似るだけで悟る人がいない時代(像法)が来て、その次には人も世も最悪となり正法がまったく行われない時代(=末法)が来る、とする歴史観のことである[1]。


という事だそうです。

私が感じている事とほぼ一緒です。

それらしい勉強をした方が、いかにもわかっているように語っているところを見ていると、末法と言う言葉がちょうど当てはまります。



ワンネス・一瞥体験・目覚め

世の中で語られるお話は殆どがこれです。

簡単に書くと、自分のいる境地より一つ上の次元からの認知を得た時、強烈な経験をします

あくまでも概念ですが、4次元の意識で5次元のエネルギーを浴びたら、それは強烈に感じる事になります。

そうした強烈な感覚に本人は陶酔するかもしれませんし、感動するかも知れません。

例えるなら、目の前にUFOが現れた時に似ています。


悟り

これも概念ですが、自分のいる境地が5次元で、5次元を生きている状態です。

5次元に限らず、体験している次元が自分と同じ次元で起こっているという事。

例えるなら、UFOに乗って操縦している状態です。



とても簡単に書いてしまいましたが・・・・・・

UFOと遭遇した方と、UFOに乗っている方の違い

位違います。

しかし、それほどの違いがあっても人間はそれを区別できません。


人間の観点からすれば、UFOに接近遭遇したという事は「すごい」という事になります。

それは十分にわかります。


しかし、UFOに乗っている方からすると・・・・・・・・


座禅でワンネスが体験できる・・・・・

道元禅師がガッカリしている姿が思い浮かびます。

それ程人間はわからないで傲慢になっているという事です。

欧米で悟っている方はほぼいません。

せいぜい目覚めです。

名誉のために書かないといけない事ですが、悟っているのはエックハルトトール(くらい)だと師匠が言っていた記憶があります。しかし、浅い悟りです。

目覚めと悟りをしっかり区別できるようになり、日本人の本質が目覚める事をを欧米の方のお話によって阻害している事に気付かなければいけません。

それほど遠くない未来において、それは常識になっていくでしょう。

100年以内にはそうなります。


人間は、刺激を通してしか人間自身を確認できません。

人は自分自身の在り方を知り、それだけで満ちて生きる事ができます。


100年以内にとは書きましたが、それはこれからの日本人次第です。


私はあまり詳しくはありませんが、座禅中にセンセーショナルな体験があったらそれを殺すというようなお話があったと思いますが、ワンネス体験や一瞥体験も、悟りに至ろうとした時そういった事と同じだという事です。

仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺せ

というお話です。


ここでこういったことを書くことが、ある個人の気持ちを逆なですることになるかもしれませんが、なるべく多くの方々が正しい理解をする事で、日本人また、人類の意識が進歩していく事を願っています。

そういった流れができた時、逆撫でされたかたも、すんなり、もしくは苦渋の決断で受け入れられる世の中になっています。


ワンネスや、一瞥を体験された方は、その後師匠につくという事をあまりしないように思います。

しかし、差取り塾にはそのような方々も何人かいます。

体験した時、傲慢になるか、真摯になるかはその方次第であり、意識の成熟度の違いでもあります。

これが意味するところは、意識の成熟度が体験を起こすわけではないという事です。


このように分けることができるようになると、ノンデュアリティは目覚めまでの勉強としては悪くはありませんが、それ以降は足かせになるという事がわかります。

それはヨガも一緒です。

今、人類は目覚めの段階に差し掛かっていて、悟りは次の段階にあたります。

目覚めた時、傲慢にならなければその後悟りに向かう事になります。


差取り塾で私はあまりこのような話はしませんし、聞かれなければ出てこない話です。

塾生においては、各々自覚しているとこういった事を自然に理解しているようです。

私がしているのは自然に理解している事を言葉で補うだけです。

また、良いものがあったら私に紹介してくださるようにお願いもしています。

私自身、深く悟った人を探しています。

そういった方がいらっしゃるなら、私も勉強させていただきたいと思っているからです。


そう考える中、探してみてもなかなか見つからないのが現実であり、勘違いした悟りばかりという事に危機感を感じています。

これを読んでいる方も、悟りと目覚めの区別がつかない方が多いと思いますが、今回の記事を読んで理解に繋がれば書いた甲斐があります。

前回の記事

目覚めと悟りの違い

と併せて読んでいただくとさらに深く理解できるかもしれません。

目からうろこ落ちたら、世の中で勘違いされている悟りのお話に違和感を感じ、さらにはその違いをはっきり分かるようになっていく可能性があります。

知ったかぶりは格好悪い・・・私にはそう見えるのです。

2020/08/03 13:40 差取り TB(0) コメント(0)
今までの世界では理想論では生きられない世界でした。

なぜ理想論が否定されるような世の中だったのでしょうか。

理想論と何が摩擦を起こしていたのかを知ることが大切です。

よく、理想と現実と言います。

現実とは何でしょうか。

金を稼がなければ食っていけない。

そんな現実が信じられていました。

今でも、それを信じる者とそれを変えていこうとする者のせめぎあいが起こっています。

そのせめぎあいは、どちらが勝つことになるでしょうか。

自然の摂理からすると必ず理想論と言われるような事が勝るようになります。

それが今回私たちの目の前で起きようとしています。


そして、目覚めたモノから先に理想を生きるようになってきています。

理想で生きるようになった者は自由で幸せな生活を送り始めています。

まだまだ社会全体に波及してはいませんが、その流れは大きな流れとして現れ始めています。


なぜこのような事を書いているかというと、もう、理想論で生きる事を怖がる必要は無いという事であり、むしろそれで生きなければ流れに置いていかれるのです。

金を稼ぐために嘘をつかない。

こんな単純な事さえ今までの社会では理想論でした。

長いものに巻かれる必要はこれからはありません。

嫌ならはっきり断る事がこれからのスタンダードになっていきます。


大企業は衰退し、大企業の下請けをして、儲けを抜かれる時代も終わっていきます。

頭脳だけで何の生産性も無い人間の搾取が終わっていくという事でもあります。


仕組みをつくって、働かせる

そういった事も目覚めていく事でその中に入る人間はいなくなっていきます。

仕組みをつくるのが得意な人間がいて、作り出すのが得意な人間がいる。

そこに上下があってはいけません。

頭が良い事に価値を置いていた社会は、変わらなければいけません。


それにはつくりだす人間も変わる必要があります。

変われなければその世界で生きつづける事になります。

こんな風に書いていて、どこを変えなければいけないかという事を書けません。

一人ひとり違う事ですし、一人ひとりが答えを出してくことだからです。

その答えは一人ひとりの中にあって、外にあるものではありません。


それを知って生きる事が大切であり、今までの教育ではそれを知るどころかそれを忘れさせる教育をしています。

そこから目覚める事は巷にあるスピリチュアルな修練で良いと思います。

その先どうするかはまた個人の選択になります。


色々な事を学んできた方が差取り塾に来ることは珍しくありません。

それらの学び以上の理解を無自覚にしている方々です。

そういった方々を満足させることは自覚」しかないようです。


言っている事はもっとものように聞こえるけど、何か納得できない・・・・・・

その様な方が最終的に集まってきます。

他のところで納得できるのならそれを学ぶべきです。

それがあっているのであればとことんやってみる事が最上の修練です。


誰にも差取り塾が最上なわけではないという事です。


しかし、完璧な理想論で生きるなら、差取り塾しかありません。

私は、リスクを承知で、理想論で生きるという試みをしていきました。

そうしているうちに、急にそれが可能になるのを感じています。


今年になって、もはや理想論で生きる選択をしないままいるなら苦しくなっていくという結論に達するようになりました。

世の中がそのように変わったという事です。

それまでは、随分苦い経験(人間的には)もしましたが、理想にかなった生き方をした方が肯定的な結果につながるという事が如実になって来たのです。


年を重ねれば重ねるほど、理想と現実の違いから、理想論で生きる事に恐怖を感じるかもしれません。

しかし、その恐怖をよそに世の中は大きく変化しているのです。


これは、みずがめ座の時代になったからとか、宇宙のなんちゃらとか関係なく、そうなっているものはそうなっているという肌で感じ取れる事なのです。

理想論で生きるという事は、哲学のように難しく考えることはありません。

子供の絵本にも書いてあるようなことでいいのです。

嘘はつかない

他者を助ける

分け与える

・・・・・


それをした時、自分自身に返ってくるものが何倍にもなっています。

私は相変わらずお金はありません。

しかし、そんな私でもできる事をしていると、何の不自由もなく生きる事ができるようです。

差取り塾の中ではこういった切り口では話していませんでしたが、皆さん理想論で生きて楽になっています。

本人達はこのように書かれると一瞬「え?」となると思いますが、その後「そうだったのか・・・・」と納得しているはずです。


理想論という言葉も一度整理してみてください。

理想論とは

ことわりをおもう

事でもありますし、

それをさらに突き詰めた時、

理を知ることに繋がるのです。

理を知った時、目覚めから悟りに至っていく事になるのです。


最も簡単な理解があります。

それは幼稚園児でも知っている事を大人がまじめに守る事です。
今日は意識の進化について概要を書いていておきたいと思います。

意識の進化は突然起こるものではありません。

大きく変化したと感じることがあるのは、無意識、潜在意識において準備ができた状態を突然顕在意識で理解することで起きます。

気付きとは、それを小さくしたものです。

意識の進化を続けるという事は絶えず潜在意識を広げていくような概念です。

※概念ですから、正確にそれを表しているわけではない事をお断りしておきます。

人間はどうしても、3次元的にものを考えます。

ですから、広がると言うと空間をイメージしてしまいます。

空間や時間を超えた理解をできるようになるにはそれなりの意識の成長が必要です。

そうなってから理解できることは空間と時間に制限されている時とは比べ物にならないほどです。


さて、進化とは次の段階に移る事でもあります。

この事はとても重要です。

次の段階に移るには、その手前にいないといけないからです。

例えば、書道には級や段があります。

修練し続けている方が次の段に進むことと、修練から離れた方が次の段に進もうとすることと一緒です。


意識の進化もこれと同じです。

人間は、日々の事に気をとられて生きています。

それは意識の成長から離れている事になります。

昔書道で3段まで行ったことがある方が、10年のブランクを経て準4段をとろうとした時、とても苦労することになります。

人間として生まれ、意識の成長に無頓着である期間が長ければ長いほど次の段階の手前まで行く事すら難しくなります。


今の社会はそういった方々が殆どです。

何かしらのショックや、大きな事が起こらないかぎり意識に目が向くことはないでしょう。

そういった意味では2020年からは肯定的に作用することが沢山起こっていると言ってもいいのかもしれません。

それでも気づかないなら、ただ悪い事が立て続けに起こっているようにしか見えませんし、苦しみは増すばかりでしょう。


これからますます人間の都合に反することが起きていきます。

しかし、人の観点から見ると、それは肯定的な現象に映ります。


進化していくか留まるかは本人次第です。

誰もそれをせかしたりはしません。

自分の意思で決める事ができます。


脅されてやるにしても、自分の意思であることには変わりありません。


さて、話を本題に近づけていきます。

意識の進化は実はありません。

便宜的に、概念的にそう書いているだけです。

進化するという見え方は人間独特の捉え方です。

自分自身の偉大さを知っていく事が進化という形に見えるという事ですが、こう書くと更なる誤解を招きそうです。

では、自分を偉大だと知っていればいいんだと考えて、それだけで終わる人間が多くいる事を知っているからです。

最初から、進化と言っておいた方がそういった可能性は無くなります。

しかし、さらに進化(笑)していく為には、いちいち説明しているわけにもいかないのです。

これが言葉に限界を感じるところでもあります。


もう少し表現を変えてみましょう。

進化とは・・・・・

個として、意識にどれほど精通しているか・・・・・という度合いをあげていく事。

時間と空間の概念から抜け出ていない場合、これが最も伝わりやすい言葉のように思います。

それを絶え間なく続けていく為には先ほど書いたように何かに気をとられて休んでいる事がそれを留める事になります。

留まる事は自由に決められますから、良いも悪いもありません。


他の表現もあります。

しかし、それらの表現は、人間の都合で浅い理解に終わる可能性が高いので書きたくても書けません。

意識が幼ければ幼いほど自分の都合に負けてしまいます。

都合を降ろせば降ろすほど理解の範囲は広がっていきます。

だからと言って、無理やり都合を降ろそうとするのはあなたの都合なのです。


執着を無くしたと言っている方が執着から自由になっている事はあまりありません。

未知の執着が現れればそれに悩まされることになるのです。

そのような事は主張するものではありません。

それは個人の概念にすぎないのですから。


出来れは進化し続けていくという事が、最も労力を使わない方法なのですが、なかなかそうもいかないのかもしれません。

進化し続けていく為に最も大切な事は既に書きました。


さらに細かくお伝えしたいことがあるのですが文章ではなかなか難しく、今回まだ書けていません。

進化が進めば進むほど、人間の観点から離れれば離れるほど、進化しつづける事は困難になっていきます。

肉体を持ったまま意識を進化させることは肉体の引力で足かせをしているようなものだからです。


ひとつ、大切な事を書いて今回は終わりにしたいと思います。

とても難しいかもしれませんが、最速で進化することに欠かせない事は、いつでも自分史上最高の境地でいつづける事です。

それは、簡単にいうと、いつでも何事にもどんな人にも善処して向き合うという事です。

こう書くと、とても普通の話に感じると思いますが、このプロセスでいつも一般的な話にしてからここに書いています。


途中とても難しく感じてくださったら幸いです。

最後で、誰にでもわかるように表現するとこうなるという事をわかっていただけるからです。

いつでも最大限向き合って生きる

その言葉を捉える時、一人ひとりがどこまで深くとらえているのか。自分自身がどこまで感じているのか。

今回はそこに着目してもらうと、私が普段簡単な言葉で書いてはいますがその奥を捉える感覚が芽生えてくるかもしれません。

芽生えるという表現もまた・・・・・・・、、、、、、......

今日はここまでです。
2020/07/30 07:13 差取り TB(0) コメント(0)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム