FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

今日は運命の仕組みについて触れていきますので感じ取ってみてください。

私から見ていると、殆どの人が100%で生きていないように見えます。

その時の100%とはその時よって違います。

出し惜しみしてつもりはなくても100%から大きく割り引いて生きている事に気づくなら、運命の歯車は崩れ去るでしょう。

何かに心血注いでいる人は100%に近い生き方をしているといえますが、それ以外の時どうであるかは大体想像できるのではないでしょうか。

100%に近い生き方をしている一定の部分では輝きを発しています。

そうでない部分については別人のように感じるかもしれません。

普段から100%で生きるという事は自分が情熱をもって注ぎたい何かにも波及します。

多くの方は何かしらのリミッターが働いて100%で生きることができなくなっています。

それを解除することは一人では難しい事のように思います。

差取り塾の方々にはどのようにしたら100%で生きることができるのかをお伝えしながら、100%で生きる意味も同時にお伝えしています。

こう書くと簡単なように感じるかもしれませんが、それを探求していくととても深いところに繋がっていきます。

100%で生きるという事は、辛いことではありません。

無理をして生きるならそれは100%に満たない生き方になります。

それがどういった事かは時間をかけて知っていく必要があります。

しかし、それについて知り始めた時あなたは想像を超えたシフトを起こしている事に気づき始めます。

簡単ではありますが、また書ける時に書きたいと思います。

追伸:50%で生きている人はそれが癖になっているのです。その生き方を10%変えたならどうなるでしょうか。それが運命の仕組みでもあります。
それでは、今から出かけてきます。
スポンサーサイト
2018/11/21 14:09 差取り TB(0) コメント(-)
人付き合いを計算でするというとあまり良い印象はないかもしれません。

しかしあなたにとってためになる人、そうでない人はいると思います。

為になる人とはどの様な人なのか

為にならない人はどの様な人なのか

それを導き出すためには計算が必要です。

計算ですから、感情が入ってはいけません。


もしあなたが不誠実で、嘘をつく人でしたら、不誠実で嘘をつく人はあなたのためになるはずです。

あなたが誠実で嘘をつかない人なら、十中八九、不誠実で嘘をつく人はあなたの為にはなりませんから距離を置いた方が良いでしょう。

そういった計算がなぜ成立するかを感じてみてください。

そして考えて、形にしてみてください。


差取り塾では「この方法でこうなる」というような安易な方法を求める人には物足りなく難解に感じるのではないでしょうか。


計算の仕方も様々です。

何かに囚われているなら、囚われの要素が必ず入って答えを導き出します。

計算や答えは本来誰にでも出せるものです。

しかし、それをできなくしている原因があるからできないという当たり前な現象が起こっています。

一生懸命、感情を抜いた計算をすることによってそれに気が付き始めます。


気が付き始めたら大きく変わり始めます。

大きく変わったら自分で計算し、行動できるようになります。


今日はそういった手がかり、足掛かりをつくるための文章にしてみました。

できれば、何度か読みながらこの中に込められている意味を探ってみてください。

必ずあなたを高めるはずです。
2018/11/19 22:19 差取り TB(0) コメント(-)
差取り塾も始めてから5年以上たちました。

色々な人とお話をしてきましたが、姿勢によってその後が決まる事になります。

その人が何をするかではなく、どのような姿勢で物事に向き合うか

95パーセント以上これにかかっています。

このことがあって、物事が成功するか、その人にとって肯定的な事になるかなどが決まります。

どんなことに対しても向き合えないなら、物事は中途半端になっていきます。

それは誰でも知っている事ではないでしょうか。


差取り塾に来る人は何事にも一生懸命取り組む人が多いように思います。

そういった方が後でおっしゃることがあります。

一生懸命やっているつもりになっていた



姿勢が整った時、前の姿勢の悪さに気づくという事です。

いくらがむしゃらにやっても姿勢が整っていないならそれは空回りになります。

がむしゃらに取り組んでも結果に繋がらない人はそこを変えると人生が大きく好転します。

一過性の解決策を模索することは姿勢がずれていることに気づくなら自然と時間をかけて変わっていきます。

姿勢が悪いという事は物事にあらがい葛藤を起こすことに繋がります。

その葛藤がストレスとなりその本人を疲弊させています。


しかし、世の中を見まわしてみると疲弊しながらもそれが当たり前で疲れている事にも苦しんでいる事にも気づかず生きている人たちで溢れています。

そういった状況はそういった環境をつくりだします。

そうしてできているのがこの世の中です。


人の事を恨んだりねたんだり・・・そして嫌がらせをする

こうしたことに嫌な思いをした人は沢山いるのではないでしょうか。

嫌な思いをした人はその思いのはけ口をどこかにつくります。

はけ口がない人はストレスを溜めます。

はけ口にいた人は嫌な思いに付き合わされます。


その様な連鎖をどこかで断ち切りたいと私は思うのですが、声を大きくして訴えたところでそれはほとんど意味を成しません。

わかる人が1人でも増えることがそういった機会を減らしていくことに繋がります。

とても地道で非効率のように見えるかもしれませんが、この方法が最も確実で早いという結論に今は至っています。


これを読んでいる人が一人元気でいるなら、その人の周りは明るくなります。

機嫌が悪ければ周りの空気は重くなります。

そんな当たり前の誰でもわかるような事ですがとても大切なことです。


実際心の中が重く沈んでいるのに元気にふるまっている事はとても労力を要します。

気遣いができる人はその労力が当たり前になっているのではないでしょうか。

しかしそれは大きなストレスを生みます。

良い人が早死にするのはこういった事も原因にの一つになっているように思うのですがいかがでしょうか。

差取り塾はストレスなく生きていく中で物事の本質を知っていくところでもあります。

良い環境はあなたが創っていく事ができます。

それは努力を要するような創作であってはいけません。

自然に湧き出るように、自然にしているだけで周りが楽になる。

姿勢さえ整っていればその様な事を起こしていく事は容易です。

姿勢を整えるには少し時間がかかります。


個人セッションに来てくださる方は本人が認識できないところでストレスから自由になります。

こころの整体のようなものだとおもっていただければ大体あっています。

本人は背骨が曲がっていても分からない

それを真っすぐに調整するとなんだか楽なった感覚が起こる。

人によってはそれに気づけないかもしれません。しかし、歩く姿は全く違う人になっている・・・・・

なんだか少ない力でモノを動かせたり、楽に動けたり・・・・

その様な感じです。


その後また体が歪むまでは楽です。


一度ゆがみが取れた感覚を味わってみることも大切なきっかけです。

自分で歪みを直すことができるようになるためには、歪みが取れる事を経験してみて重要性を知る事から始まります。


こころが歪んだまま(表現が悪く聞こえますが)何をしてもその心が行っています。

何かを身につけようとした時、姿勢が取り組み方を決めます。

そこに着目しないで失敗を繰り返している人は沢山いらっしゃると思うのですが勿体ないことです。

今回書いた仕組みを聞きに来てくださっても構いません。

おそらく誤解があります。

文章とはそのようなものです。

変わる事ができる人から変わっていく。

そういった機会が少しでも増える事を願っています。


こちらから申し込めます。
http://satorijuku.com/application/

場所は山梨県の最東端です。

中央線で新宿から1時間強のところです。

日程については別途打合せでお願いします。

料金は1.5万円です。

対面で難しい方はSkypeセッションもあります。
2018/11/17 11:41 差取り TB(0) コメント(-)
今日はあえて宗教的に書き綴ってみようと思います。

これを通して宗教の根源とは何かを垣間見ていただけると思いますし、宗教的に読んだほうが理解しやすい人もいると考えます。

・・・・・

・・・



私は普段から神とともに生きる選択をしています。

神とは何なのか日々神と向き合うような生活を通して、神を知りつづける事になります。

世の中で言われる神は様々な捉え方がありますが、知れば知るほど私が知る神の奥行の深さに感謝に似た感覚を覚えます。

感謝とは人間がわかりやすい感覚であり考えです。

しかし、神を知った時の感覚はそれに似ていて非なるものです。

神とともに生きるとは理を知り、それに沿って生きる事であり、自然の中で生きる事です。

それをもう少し分かりやすくしたものが筋や道理です。

筋や道理は、人間の考えがまだ多く混ざっています。

しかし、それさえ分からない人間がこの世の中には多く、結果的に神に背を向ける人生を送っています。

神に背を向けるという事は、神の加護を受けられないという事です。

そこでいくら神社にお参りしたところで、何もご利益はありません。


そこで、神の加護とは何かといえは、「それ」を心掛けた瞬間から始まります。

神を見る時とは理を見る時であり、理に反しない生き方が神とともに生きるという事。

そうしている時、自分の意思は既にありません。

自分の意思を主張する事は無くなっていきます。

こう書くととても厳しい人生を送らなければいけないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

実際はそうではありません。

神の加護のもとに生きているわけですから、理に沿って生きる方が楽なのです。


神の加護は、誰にでも起こります。

それを起こし続ける生き方があります。

多くの方がそれとかけ離れた生き方をしているために苦しみとともに生き続けます。

神とは何でしょうか。

人々は何を神と言い、何に神を見るのでしょうか。

多くの人々が、神を見たと言います。

その人たちが見た神は共通した「それ」です。

苦しみと共に生きるか、神とともに生きるか。

神はその自由も許しています。

・・・・・・・

・・・



今日はかなり趣向を変えて書きました。

どの様に感じるでしょうか。

宗教の始まりを感じていただけたでしょうか。

神を見る事のヒントになったでしょうか。


差取り塾に宗教的な要素は一切ありません。

なぜなら、神秘的なものをそのまま信じる事をしないで、理論的にハッキリさせるからです。

しかし、あえて宗教的なフィルターを通して表現してみる事も面白いのではないかと考えました。

「神を見た」と言っている人が、実際何を見ているのか。それは差取り塾で学べば分かる事です。
2018/11/15 19:36 差取り TB(0) コメント(-)
ここにいくら書き綴っても、海の水をグラスに一杯汲んで、「これが海の水です」「海はこのような水からなっています」と言っているようなものです。

グラス一杯の水を見て、触って、味わって・・・・

その様にいくら努力して知ろうとしても、それはグラス一杯の海水にしかすぎません。

いくら思いを馳せようが、想像の域を出ないという事を知る人は、行動を起こします。

沢山の海の水を汲んではここで書き続けていますが、海をそのまま知ってもらう事は出来ません。

文章では限界があるのです。


海は一人ひとりあなたの中にあります。

そこまで行けば、グラスに一杯の海水を汲んだ位に過ぎない話はもはや必要ないのです。

2018/11/06 22:24 差取り TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム