FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

このブログ記事はトップに固定表示されています。

差取り塾を公開で行います。

日時 第三金曜日 21時から
形態 zoom
料金 無料

申し込み方法
こちらからお申し込みください

差取り塾のマスターコースに入られている方々がお話を伺います。
差取り塾でどのように進まれているのか。
続けてきた方々はどの様に生活されているのか。
自覚とは何か。
など・・・・

「私」自身を知る事で光明が見えてきます。
光明は「私」から放たれているからです。あなたが「私(あなた)」自身を知れば知るほど光に満ち溢れていくのです。

一緒に体験することでしか伝わらないものがあります。

【変更】10月8日12時30分から、銀座で食事をしながらお話をする会を行います。

食事代と会場代込みで1万円を予定しています。(中国料理のコースです)

お申し込みはこちらからお願いします。

お問い合わせフォーム

時間は2時間くらいを予定しています。

来られる方は悩みを解決しようとせずに悩みから自由になった方々。かつて大きな悩みを持った方々。大きな苦しみを持っていた方々などです。

今、とても楽に生きていらっしゃる方々ですが、当時は地獄の苦しみを味わっていた方もいらっしゃいます。そういった方が自覚を通してどの様に今に至るのか。それは経験された方しか分かりません。

そういった話をたくさん聞ける機会でもあります。

何かを頼る事なく、自分自身の力で楽でいられることの自由さを手に入れた人たちはどの様に過ごしているのか。

どうにもならないと考えていたことから自由になった人は今どの様な心境なのか。

自覚とはどのようなものなのか。

自覚を仕事に活かしている方はどの様に仕事をされていのか。

などなど・・・

常識を超えているにもかかわらず地に足をついて生きる方法を知っている方が今沢山いらっしゃいます。

そこに触れてみるだけでも、意識が変わるように思います。
スポンサーサイト
2018/10/01 00:00 明人からのお知らせ TB(0) コメント(-)
未来予知というと超能力のように感じるかもしれません。

そういった未来予知もあるかもしれませんが、いきなりそれをやりたいと考えてもそうはいきません。

未来予知ができたらどれだけアドバンテージを得られるか。

その様に思いをはせているだけなら未来予知は遠くなります。

未来を見通す力は自然な流れを読み取る力でもあります。

未来予知が当たらない事もよくあります。

そして、起こる確率を表現する未来予知もあります。

未来予知というより、未来予測と言った方が近い言葉でしょうか。


誰にでもわかる未来予測は沢山あります。

3歳の子供に100km先のお使いを頼んだらどうなるかは誰にでも予測できるはずです。

それも自然な流れを読んでいる事になります。

ですから、自然な流れを読めれば読めるほど、確実に未来を予測できることになります。

誰にでも未来予測はできますし、それを極めていくなら超能力を使っているかのような予測になっていきます。

最初からどんな人でもその能力はあります。

それを使えるようになるには、リハビリが必要です。


差取り塾に入ってくる人たちにたまに未来を予測したことをお伝えします。

それは、未来予測としてではなく、こういうことがあったら気をつけてくださいという感じで何気なくお伝えします。

それをお伝えしながら、そこで躓かないように力をつけてもらうようにしますが、真摯に取り組まない人はその運命に必ず流されていきます。

躓きがある未来、運命があったとしても、それは変えられます。

未来予測をした時に100パーセント躓く予測があったとしても、それは変えられるのです。

今より、目が良くなって、注意力が上がり、筋力がついていたら躓く確率は大きく下がります。

そういった仕組みです。

「私」自身の鍛錬をしないでその時期を迎えることから、運命が決まっているというように言われるのです。
2018/09/24 20:50 差取り TB(0) コメント(-)
差取り塾は「悟り」について特別な何かをする事はありませんし、それを目指すことはありません。

しかし、宗教的な様相が強い「悟り」ですが、紐解いていくととても合理的な生き方であることに気づきます。

生きるという事を合理的に突き詰めていくと、「悟り」と言われている状態と同じになる事は確かで、そこまで至った人を差取り塾ではマスターコースにご招待しています。


悟りという言葉が特別に取り扱われているうちは「悟り」という言葉で表現することは正しいことではありません。

正しいとは理にかなっているという事です。


今差取り塾は、

真摯に生きる事を通して

この世の仕組みを深く知り

それを携えて常識を超えた合理性を発揮して生きる

そうしていると

(意識せず)結果的に世の中に貢献していることになります。

貢献しようとする必要はありません。


その人が理にかなった事をハッキリわかって生きているなら、それに感化され楽に生きる事がどういう事か知っていく事になります。

世の中は不合理な事が常識になっていて、それで苦しんでいる人が多くいます。

常識的な不合理は無意識に実行されている事も沢山あります。


そういった事を変えようとすることは摩擦を生みます。

先日議論に加わってはいけない

という記事を書きました。

争うことなく、コントロールすることなく変化させる術を殆どの方が知りません。

差取り塾で実践されている事はそういった事であり、葛藤や争い、コントロールがありません。

そういった事を実践できるようにお伝えしているわけですから当然のことです。


コントロールしていると、うまくいっているうちは思い通りになりますが、それが続くわけではありません。

いつかはクーデターが起こります。

それを知ってか知らずか、多くの方がコントロールして、自分の思い通りになったかのような錯覚の中で生きています。

その結果は誰でも経験しているのではないでしょうか。


最初から、コントロールや抑圧がなければ、クーデターを心配するありませんし、軍隊も警察も置く必要は無いのです。

準備した結果それがあだとなる事が起こります。


クーデターは多くの場合、軍隊が起こすものです。


こうしたことを深くわかっていくなら、組織づくりも今までと全く違ったものになっていきます。

会社でいえば、生産性が常識を超えたパフォーマンスを発揮するようになるでしょうし、どんなコニュニティーであっても、所属する人たちが活かされ、活き活きと活動できるようになります。


これは机上の空論ではありません。

実際に差取り塾で学んでいらっしゃる方々が起こしている事です。

「悟り」という言葉で括って、ひっそりと埋もれているならそれほどもったいないことはありません。

合理性とは、実態があるものではありません。


無駄なものを削っていけばいくほど合理性をおびていきます。

最初から合理的にふるまおうとすることは合理的な行動とは言えません。

今回私がお伝えしたかった事が伝わったでしょうか。


ブログではどうしても固く感じられてしまうかもしれません。

動画も公開されていますので、そちらもご覧いただければ、私の意図がもっと伝わるように思います。


文章は意味の羅列です。

動画は音と間で表す事ができます。

2018/09/23 11:41 差取り TB(0) コメント(-)
議論が起こる時、その議論がどういった議論なのか知って議論している人はそれ程いません。

議論とは、個人的、集団的な都合により行われる、利益の確保を目的とした話し合いであり、奪い合いという表現をしてもそれほど違和感はありません。

自分の存在感を議論により示すそうとする人もいれば、自分の感情に折り合いをつけようとするような人もいます。

話し合いの中で、議論がない話し合いも経験された方は沢山いらっしゃると思います。

その時何が起こっていたか、誰にでも感じる機会があります。

ぶつかり合いがない中でどんなことが決定されるのか。

上下関係なく、一致していく結論とは何なのか。

その結論は、どのような意識状態(心持ち)がつくりだすのか。

生きていればそういった機会もたまに、稀にあります。


私は普段議論はしません。

主張をぶつけ合う事がいかに愚かなことか知ったからです。

主張に隠れたものは誰でも知っているはずです。
誰でもそういった主張をしたことがあるからです。
自分で行った主張を分析すればその成分を感じる事も出来ます。


こう書くと、議論から逃げる事しか思いつかないかもしれません。

偉そうなこと言って、逃げているだけだ・・・・

そんな意見も聞こえてきそうです。


議論に加わらないで収束させる事も、差取り塾でお伝えしている事に含まれます。

ここに書いてもそれができるようにはなりません。

書けば簡単にそういう事かと分かります。

しかし、できるようになることとは違います。

「そういうことか」でできないまま理解されたら、それはその人のできる機会を奪った事になります。


そういったギャップの中で生きる事が、差を広げていく事です。

その差を取るのが差取り塾でもあります。

外に書かない理由は書いてその気にさせることが、誠実ではないと考えるからです。

その気にならせてくれるところは沢山あります。

その気になりたい方はそちらで満足できるのではないでしょうか。

数々のセミナーも受ければその気になれます。

そして、それを実際モノにできる人は2割もいません。

実行としようとする人が2割程度でしょうか。

私はできるようになってもらう事こそが大切だと考えています。

ですから、差取り塾にいらっしゃる方々は必ずできる方向に進んでいます。

実質的にできるようになることは大切なことではないでしょうか。

しかし、なんとなくできる気になって安心するのは人間の弱い部分がそうさせます。


議論も弱い部分が作用しているからヒートアップしていき、意見が平行線をたどる事も珍しくありません。

そうなる理由も明らかですから、分かろうと思えばだれにでも分かります。

分かり得ることを確実にわかっていく姿勢が大切であり、なんでも切り開いていく力になります。

その姿勢も議論から自由な観点から議論を収束させる力になります。


議論に加わらないで議論を収束させていく事は、争いから自由な状態です。

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、練習すればだれにでもできるようになっていきます。


多くの人ができるようになると世の中は大きく変わります。
2018/09/21 20:41 差取り TB(0) コメント(-)
この国の政治を行っている人たちを見て感じることは、この国は今から10年くらいさらに国民を苦しめる方向に向かっていく事が確定している事ようです。

政治の手腕や、政策で行っているのではありません。

それらを議論して良くなるように努力する事は根本的な解決にはなりません。


犯罪めいたことをしても総理大臣ならとぼけて逃れられるこの国を冷静に見ることです。


それは原因から考えて当然の結果です。

そしてそれを自分を犠牲にしてまで守ろうとする周囲の人たちも、そうするのは当然の結果でしかありません。

それを糾弾する事で変えようとする事は、原因を分かっていない証拠でもあります。

この国を憂いて非難したところで、何も変わりません。

監視したとしても変わりません。

見えないところで本意は実行されるからです。

見えるところを何とかしようとすることに夢中になるなら、見えないところでやりたい放題になります。


これは、推測ではなく事実です。

ただ、それを見れば分かる事です。


今の総理大臣を見れば日本の政府がどうなのか分かります。

そして、その政府がどのような政策を行っていくのかも大筋で分かります。

大筋が分かれば10年後も分かります。

多くの国民は苦しくなる傾向にあります。


私は国民という言葉は好きではありません。

国の奴隷のように感じるからです。


私は日本人として、さらに人として生きたい。

政策がどうであろうと、私が変わる事はありません。

そういったことが分かるまでは幼い総理大臣やその取り巻きに反感を持っていたと思います。


この国の奴隷は、一生懸命主張して自分たちの利益を確保する努力をするべきです。

自分たちの利益が確保できれば満足できるならそれが最も良い方法だと感じるのではないでしょうか。


私自身、それについて何もしないわけではありません。

最も、合理的な手段とは何か、今の最善を実行しています。

政治家の意識が幼いから、幼い総理が生まれます。

幼い総理は、海外からもそういった扱いを受けます。


しかし、日本国民はそれに気づけない人が多いように思えます。


意識が大人なら、このようにはなりません。



今大切なことは、理解です。

意識が子供でも総理大臣になれるという事実。

どんな肩書も、意識の成熟度は関係ないという事。

日本の政治を動かしている人たちの意識は子供のままであるという事。

そういった事実を認識できればこの国の未来は簡単に予測できます。


会社単位でもそうです。

一つのコミュニティーを形成した時、大切なのはどんなことをやるかではありません。

その議論に惑わされて今の世の中が混迷しています。


世の中の意識が進化すればするど、意識の成長度が大切にされていくようになります。

その様な世の中は議論が起こらなくなってきます。争いは全くなくなっていきます。

なぜそのようになるかはまたいつかお話します。

今はそういった事に目を向ける人はマイノリティーになってしまう世の中です。


10年後苦しんでいるかいないかは、政治のせいではありません。

区別がつかない奴隷状態なら確実に(政治のせいで)苦しんでいます。

それを脱した人がそこから自由でいられます。

これは魔法ではなく、どのような思考をし、どのような行動をするかというお話です。

政治家や官僚がこういった勉強をしてくだされば世の中は大きく変わっていくのですが・・・


頭がいい事と、意識の成熟度は全く関係ありません。

頭が良くて意識が子供なら、悪知恵で暗躍できます。

こういった人に苦しめられた経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

今の世の中はそういった人の天下でもあります。

何故ならそれを見抜く目がないからです。

皆さんが見抜ける観点を持っていて、そういった事をあてにしなければ世の中は変わらざるを得ません。

争いなど必要ないのです。


ではどうするか?

その答えを実行づ続けています。

時間はかかりますが最も確実で効果を発揮する事です。

何か少しでも感じた方は学びの準備ができている方であり、世の中を好転させるポテンシャルを備えています。

2018/09/20 19:47 差取り TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム