特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

最近インドの聖者の本があったので少し読んでみました。

その時感じたことを書いてみたいと思います。


質問者は貧困や争いがあると言い、聖者はそんなものはないと言う。

この会話がかみ合わない事・・・・

聖者が言っていることを理解しようとしてもできません。

それは山の上とふもとで景色の話をしているようなものです。

それでは質問者が理解できることは無いでしょう。

こういった勉強をするなら、いつまでたっても聖者の境地には近づけません。


一方他の章では、生活を通してどうしたら理解が深まるかという問答が行われています。

そこでされている会話は、聖者が質問者に起こっていることをお話するのですが、質問者は自分の主張を繰り返すばかりで、聖者が指し示すことを理解しようとしません。

そういった事がなぜ起こるのでしょうか。

話を聞いて理解しようとするからであって、話を聞いたら理解できると考えているから。

ここに大きなヒントが隠されています。

その事は話として書いても、話として受け取られることが殆どですから、話としては書けないのです。


さて、聖者と質問者の話はどのような関係性かというと・・・・

子供がお化けが怖くて仕方ないし、そこにいる

と言い張っているところに

そんなものはいない。よく見てみなさい

と大人が言うのと似ています。


私がお伝えするとき、何を大切にしているかというと

お化けがいると言っている時、それを否定することはありません。

その子にとってはお化けがいるというのは真実なのですから。

大切なのは、それが真実だと言っていること自体を認めることです。

それが足掛かりとなり、次のステップを生み出していきます。


これは今までなかった方法かもしれませんが、確実な手法です。

禅などで悟るプロセスを細かに分けた時、何が起こっているか知るとそれができるようになります。

聖者や禅師はそのプロセスを体で知っています。

そのおかげで今ではそのプロセスを感覚ではなくはっきりと導けるようになりました。

それは人類の進化もかかわっている事です。

人類の意識は1000年前からすると随分進化してきました。

進化した分、理解できることも深くなっているのです。

ですから、1000年前2000年前の方法をとらなくても、2000年前本当に伝えられていたことをもっと効率的に勉強することはできるのです。

スポンサーサイト
2017/09/16 17:23 悟り TB(0) コメント(-)
差取り塾でお話をしていて感じる事ですが、一生懸命生きてきた人は知っているということです。

表われを通して、何かを感じて取っているからです。

どうしてそれが起こるかという事は差取り塾でも話していますし、グループセッションの動画でも公開しているので省略します。

前回のグループセッションでは一生懸命生きてきたことをとおして、すでに勉強の材料はすべてそろっているというお話でした。

だから、あらためて勉強する必要などないのです。

生きてきたことをとおして悟る準備ができている。

しかし、不足を抱えてなにかを学ぼうとするならそれは表れの現れた部分だけに気をとられ、表れの本質を無視していることになりやすいのです。

勉強していても不足感がぬぐえない人は差取り塾にいらしてみてください。

なぜそうなっているのか、あなただけの処方箋があります。

大切な勉強があるとすれば、すでに知っているという事を知る勉強です。

求める事を一生懸命されてきた人は沢山の勉強をすでにしているはずです。

その勉強で覚えたことに何の価値もありません。

しかし、一生懸命求めた「それ」は必ず真価を発揮しはじめる時が来ます。

いつまでもそれをくすぶったままにしておくか、大きく燃やすかは本人次第です。

どんなことでも一生懸命やってきた人。

そういった人が差取り塾の門をたたえてくださるなら、半年以内にその境地にお連れします。

そうでない人でも2年一生懸命やってくだされば、今までの人生でサボっていた分を取り返しおつりが出るほどになるでしょう。

そうは書いていますが、最近では来てわずかでその境地を知る人が何人もいらっしゃいます。

そういった方に共通することは、どんなことでも一生懸命向き合う事ができる人たちでした。

悟りたくて、本ばかり読んでいる人は時間がかかります。

目の前に沢山表れているのに、それを無視して本知識ばかりに気をとられているからです。

理屈をこねたくなった時、その境地から遠ざかっています。

私は知っているといった瞬間に離れ、私は知らないといった瞬間に近づきます。

理屈では分からない事があるのは、理屈で理解しようとするからです。

その境地へ導くテクニックがありますが、体系化できるところのテクニックではありません。

その部分は公開したくてもできないところです。

差取り塾で学び続けている人たちにはそれを伝えていますが、顕在意識に昇らないところでその理解が起こっているはずです。

顕在意識・潜在意識より深いところをどうやって説明すればよいでしょうか?

それは表れをもって、指し示し、示されたものはそれを悟るという手段が数千年前から行われてきました。

今はちょっと違います。

言葉の成分を分析して、それを処方することで、そこを悟っている状態にできる時代になっています。

それが最先端の勉強法だと考えています。

分析できる装置がなければそれはできないのですが・・・・
2017/09/14 14:30 悟り TB(0) コメント(-)
自覚。

修行なんですか?

と聞かれた時、YESともNOとも言えません。

多くの人にとって修行とは苦しくては根気がいるものという観念が在るからです。

ですからその観念を抱いている人にYESと答えることは間違えています。

だからと言ってNOでもないのです。


自覚を始める人によって違いますが、苦行とする人もいますし、障害など全く無いかのように楽しむ人もいます。

それは初期のばらつきです。

自覚に真摯に取り組んだ人はいずれ自覚が楽しくなります。

そこまでくると、自覚をやめる確率は極端に少なくなります。

差取り塾においてその確率は大体7~8割位

自覚が理解できないうちはつまらないのは当然です。ですから辞めたくなる気持ちもよく分かります。

根気よく続ける人は必ず分かるようになります。

最終的に最後まで到達しようとする人の割合は6~7割位。

そこまでいくと楽しい事を超えて面白いが先に立つようになっているようです。

苦しい思いを続けて悟るという概念は常識ではありません。

修行を成就させた先人が更に苦行を続けるでしょうか?

お釈迦様はどうだったでしょうか?

楽しくもないワークをやり続ける必要はないのです。

自覚は

自覚法でもなく、メソッドでもなく、ワークでもありません。

生きることそのものなのですから。

自覚して生きている時

活きている。

それを肌で分かっている人達が自覚を続けているのです。





差取り塾も随分成熟してきました。

あなたが決めて進むなら、ロケットエンジンを手に入れるようなモノです。

成層圏を抜けるのは飛行機のエンジンでは無理なのですから。

2017/09/13 15:31 悟り TB(0) コメント(-)
人間はなんでそうなるのか分からないでやっていることが沢山あります。

その代表的なものが、なんで生きているのか?

これが分からないでも生きています。

それができるのが人間の意識であり、その意識が物事を見えなくしているといえます。


少し、ハードルを下げてみるなら、なんで悟るのか分からない人が悟りを語ったり指導していたりします。

面白いことだとは思いませんか?


なんでそうなるのかはっきりしているなら、その様に道を歩いてもらうだけで済むのです。

分からないまま「いつそうなるか待つしかない」と言っているのならそれはあまりにも滑稽なことなのです。

「これさえやっておけばいつか悟る・・・(かも)」

おかしくないですか?

(かも)って・・・・それを口でいうひとはいません。

言わないから(かも)って思っていることが分からないかもしれません(笑)

でも、その人は(かも)って思っているならそれが起こっていることは確かです。

(かも)だから確率論になっていくのですが・・・

いかがでしょうか?

maybe.jpg


(かも)で生きて・・・行く?

できた(かも)と喜び、できなくなってしまった時になんでできなくなったかわからない。

(かも)しれないで生きる事をやめることはあなたの生き方を明確にしていく生き方です。

2017/09/09 15:00 悟り TB(0) コメント(-)
難しいこともたまには書くかもしれませんが、難しいことを分かることが大切なのではありませんから、分からなくてもよいのです。

差取り塾で伝えていることは、動画やTwitterなどを含めるとかなり惜しみなく公開しているつもりです。

しかし、できるようにならないのはちょっとした工夫が足りないから。

それが分かればスルスルと分かるようになっていきます。

分からないことにとらわれてはいけません。

ブログや動画で伝わるなら差取り塾がある必然性はなくなります。

maxresdefault.jpg

観点を変えればいいんです。

これをブログで一人ひとり分かるように伝えられるでしょうか。

どうしたら観点を変えられるのか?

どこに観点があるのかわかってどこに動かせばいいのかわからないなら何を理解しても一緒です。

共に歩んで共に分かり合う・・・そんな中で大切なことが伝わっていくように思います。



次の日曜日、グループセッションを行います。

通常毎月第一日曜日13時から東京のちょっと西、相模原市のすぐ隣でやっています。

新宿から電車で1時間ちょっとです。

気になった方はいらしてみてください。

美味しいご飯を食べたくてくる方もいらっしゃいます。
2017/08/30 13:00 悟り TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム