特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

あなたは子供(部下)を叱るときどのような叱り方をするでしょうか?

ちょっと前になりますが、ある教室の中でHさんが話していたことがとても印象に残りましたので、絡めて書いてみたいと思います。

親身になって叱る・・・親の身になってしかるですが、その親はどう叱っているのでしょうか?本当の意味で親身とはどんなことでしょうか?

おそらく結果だけを見て叱ると反感を買うことが多いようです。うわべでだけで叱るとも同じかもしれません。

あるひとのエピソードですが、子供を雪が積もる外に出したそうです。普通ならそこで反省しなさい!ということになると思いますが、そのひとの場合は、一緒にそこで向き合ったそうです。しかも50分位。

その人自身も結構つらかったことを語っていましたが、最後に子供が折れて、「ごめんなさい」といったそうですが、その時から、子供がとても素直になったそうです。

あー、これだな^^と思いました。

同じところに身を置かないと、「叱る」ことも相手に通じにくい事をしっかり理解できたお話でした。

親からしてみれば、一緒にいて、時間使って反省を促すことは正直面倒くさいかも知れません。しかし、それを行うことによって、そのあといい子になってくれるなら、こんなに大切な時間は、なかなかないかも知れません。

これは育児の中でほかにも通じることがありますので、次回に回したいと思います。
スポンサーサイト
2010/08/26 18:35 育児 TB(0) コメント(2)
大切なあなたへ

あなたが落ち込んでいるとき
私はあなたの感情に同調しません、あなたが落ち込んでいる理由を取り除こうとします。

あなたが悲しんでいるとき
私は一緒に悲しみません、あなたの悲しみを和らげようとします。

あなたが苦しんでいるとき
私は一緒に苦しみません、あなたの苦しみを取り除くことを考えます。

あなたが怒っているとき
私は一緒に怒りません、あなたへの気づきを促します。それは沈黙を守ることかもしれません。

あなたがうれしい時
私も一緒に喜びます^^
2010/08/22 01:46 育児 TB(0) コメント(0)
今回は恥を知るということについて、育児の現場を交えて書いてみたいと思います。

まず、実際見た現場から

中央道下り線談合坂サービスエリアでの出来事

お父さん、お母さん、子供2人の家族がいました、お菓子か何かを食べ終わったらしく、6歳位の子供に20mほど向こうのごみ箱までごみを捨ててくるように言ったまでは良かったのですが、子供が4つ位ある分別のどこに入れればいいかわからないようでした。
するとお母さんはイライラしながら大きな声で「なんでわかんないの」「燃えるごみに捨てるんだよ!」云々と半切れの状態でした、、

それを見ている方は多数、少なくとも20人以上はいるわけです。

私がそれを聞いていて感じた事は・・・

そばに行って教えてあげればいい

親がしっかり教えていないのにわかるわけない

エゴ丸出しでとても見苦しい

将来子供が、引き継いじゃうのかな~^^;;


はっきり言って、自分の至らない事を子供のせいにしてしまっているわけです。
2010/08/16 12:06 育児 TB(0) コメント(2)
友達兼読者との話で躾の話題が出ましたので、今日は躾について考えてみたいと思います。

躾は一つの考え方で矯正という意味合いもあるかと思います。矯正ですから、親のエゴなど入っていると、とんでもない躾になっていしまう危険性をはらんでいると思います。

沢山の子供が躾という矯正の名のもとにの犠牲になっていることはほとんどの人が感じるのではないかと思います。

ですから躾については慎重に考えてみる必要があるでしょう。

抽象的な表現になってしまいますが、躾はある程度、ほどほどが良いのではないかと思います。理由は・・・

躾で雁字搦めにされた子は、それによりエゴを抱えやすい

重複しますが、矯正ですから親のエゴが入りやすい

躾を大きくとらえすぎると、子供が委縮してしまいがちになる

遠慮を強調した躾は子供を内向的にしてしまう


など、躾を徹底しすぎるとそんなにいいことはないような気がするのです。

ちょっと話はそれるのですが、遠慮と躾を勘違いしている親も多いように思います。

私が考える躾(作法も含んで)とは、字のごとく自分を(身のこなし・行為)美しく見せることだと理解しています。

たとえばご飯を食べるとき、すっと背中が伸びて、箸の軌道や様々なしぐさがきれいな人を見ると、大げさかもしれませんが、私は心が洗われるような感覚がわきます。

また、横断歩道を渡った子供が頭を下げて「ありがとうございました」と言えば、同じような感覚になります。

本来躾とはそのようなものだと思うのですがいかがでしょうか?

話はもどって、躾というのは、本人の感性によるところが大きいと思います。また、殆どの躾の内容が後から修正できることが多いというのは事実と考えるべきで小さいうちから詰め込むのもどうかと思う理由です。

私のまとめとしては、躾やモラルといったものは基本はある程度教えないといけないと思いますが、その前に感性を磨くことが重要なのではないかと思います。

感性を磨いてゆけば自然に躾と呼ばれるものを吸収していくのではないでしょうか?

それでは(^O^)/

2010/08/15 12:16 育児 TB(0) コメント(0)
子供のマッサージといってもピンとこないかもしれません、、

でも、ちょっと子供の行動を思い浮かべてみてください^^

おんなじことを空きもせず繰り返していることってありませんか?大人でも同じ作業を繰り返すと使った筋肉は緊張・疲労しますよね?

それと同じ現象が子供にも起こるわけです。

うちには0歳児がいますが、かなりの時間をハイハイに費やすわけです。大人でも1時間単位でハイハイすれば筋肉は疲労しますよね。

ですから、私はスキンシップを兼ねてマッサージをするわけですが、気持よさそうなそぶりも見せますが、ほかに目的があるとじっとはしていません^^;;;

3歳児については足のマッサージを良くしています。結構気持ちいいらしく、父ちゃんモミモミしてと言ってきたりもしますし、寝つきが悪い時も足マッサージですっと寝てくれる時もあります。もう少し検証が必要ですが、足マッサージ試してみてください^^

子供の肌に触れてあげることは、感性の豊かさにもつながるようですし、神経を通じて脳の活性化にもなります。

子供がリラックスして親に身を任せるという状況もとてもいいんじゃないかと思っています^^

どうです?小さい子なら力もほどほどでよいので疲れもありません。

子供をいとおしむ気持ちも追加でちょっとやってみませんか?

では~(^O^)/
2010/08/13 12:11 育児 TB(0) コメント(2)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム