そのまま「観る」という科学
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

ここに書かれている事が、ピンとこなかったとしても進化していく過程で必ずいつか必要になる事です。

心の片隅にこのブログを置いておいてください。

今理解できないとしても、必ずいつか理解できるようになります。

今は、他の事が気になっていてそれに注力しているとしても、必ずここに行きつきます。

地球人類が通過する狭き門がここにあります。

ここに価値を感じる事ができる人は今も極わずかです。

しかし、必ず通過しないかぎり次の進化の段階に至る事は出来ません。

あなたがこれを読んでいて、何も感じなかったとしても、「こんなことを言っている人がいる」と誰かに伝えられることがあったら伝えてください。

その人が理解をして、進化の道を進むかもしれません。


この進化の道を進む方は今はごく少数です。

進化をしているようで特別感を伴うようなものは進化ではなく、自己満足の範囲に収まります。

そのような事が世の中で横行していますが、それを止める事は出来ません。

それを止めようとすることは争いを生むだけであって、殆どの人類は自分の考え以外の事を受け入れる事ができる意識段階にはないからです。

自分の思考を超えられる人は、今、良いと思っている自分の行いについても、それを手放す準備ができている人です。

その様な人はなかなかいませんし、あなたの回りでも見つける事は大変ではないでしょうか。

その様な方がたが差取り塾には集まってくるようです。

このブログを頭で理解しようとする人は、自分で良いと思う理解をしようとする人であって、このブログを理解できません。


しかし、理解できなくて距離を置くときも、先ほど書いたように頭の片隅に置いておいてくだい。

また、理解できなくても、何度も読むことでわかってくることもあります。

思考の理解を超えて結果的にわかったっ時、それは起こっています。

思考の刺激を伴わない理解は地味に感じますが、その理解こそが進化を促す理解になるのです。

それが情報リテラシーの究極であり、世界で唯一それを実践的に伝え、結果に繋げています。
差取り塾の動画アーカイブです。
チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCoODa_hlNu0at7K0nu8Lkjw


悟りと言うととても手の届かないように感じられる方も多いかもしれませんし、そもそも全く興味がない人もいると思います。

人間は必ず、ここを通ります。

限られた人が悟りを得ていくわけではありません。

悟りを特別にすると、得をする人たちがいます。

そして、手の届かないように思いこませることで、自由を奪いコントロールすることができます。


悟りをやさしくするために私が常に心掛けている事は、一人ひとりの個性を知るという事です。

言葉一つについても、その人独自の規定があります。

その規定を知る事はとても大切です。

それが分からなければ、伝わる言葉にはならないからです。

万人に共通の言葉はありません。

「観る」という言葉

これも人によって随分違います。

深い理解が起これば起こるほど、「観る」という事の大切さを理解していく事になります。

差取り塾に入られてしばらくした人の「観る」は洗練されてシンプルです。

それは誰にでも起こっていく事ですが、自分の考えで練習していてもそれほど変わる事はありません。

違った観点から、あなたを理解した悟った人がいるならあなたの理解は加速していくでしょう。


私は結果を出すことに注力してきました。

やさしく理解が起こっていく伝え方。

その人にとって最も優しい方法を選ぶ事。

それが最も大切に思います。

誰かが言った一つの事を勉強することは、知識が増えて重くなるだけです。

それを、逆に降ろしていく事はかなりの労力を要します。

勉強した人ほどシンプルに戻すことが大変です。

勉強して悟れるなら多くの人が悟っています

そちらではないのです。

シンプルに自分にとってやさしくわかることが大切です。

もちろん、追い込んで追い込んで、確率に賭ける方法もあるかとは思いますが、そういったギャンブルを選んでいる時点でハンデをおっているという事に気付かなければいけません。

どんな人でも、これをやり続ければ必ず至ります。

また、どこに行っても結果が出ないという方。それは、劣っているのではなく達観しているからかもしれません。

みんなに成果が出ているのに自分だけ同じようにならない。

そんな方は才能があるからかもしれないのです。

皆と同じようにできる事。多くの人に受け入れられることに漏れないという事は・・・・・・

私からすると良い事のようには思いません。もちろん悪い事とも言いません。


一般受けする事と、達観した人が好むことは違います。

なんとなく頭の片隅に置いておいてください。

アンパンマンショーが好きな時期とオーケストラの演奏会が好きな時期の違いのようなものです。



懇親会
静岡グループセッション後の懇親会の様子

5月18日東京駅近くでグループセッションを行います。
14:00~16:00の予定です。
https://kokucheese.com/event/index/560829/

イベントのご案内
毎月第一日曜日グループセッションを行っています。
新宿から1時間くらい電車を乗ったところです。
申し込みはこちらから

オープン差取り塾
毎月第3金曜日21:00 無料Skype懇談会があります。
どうしても解決できない事。悟りの事。ティール組織の事。家族の事。子供の事・・・・
どんなお話でもしてみてください。
申し込みはこちらオープン差取り塾です。
このブログは未来の進化した人類の生き方から書いています。

未来は未来にならないと現れるのではありません。

時間も空間も幻想にすぎない事は多くの方が知っている事ではないでしょうか。


未来の社会の形も既にあります。

未来における進化した人類もすでに起こっています。


未来において、意識が進化すればするほど葛藤とは無縁になっていますし、ストレスもそれに伴ってない状態で生きています。

コミュニテーはコミュニケーションをする前からやるべきことが意識で共有されていますから、議論も起こりません。

・・・・・・・

さて、その様になるには時間が必要でしょうか。

未来の人類の形が既に並行してあるならそれになればよいと思いますしそれは可能です。

そうなるには個人差がありますが、必ずなれます。

なぜなら未来の人類の形だからです。

すでに起こっているのですからそうならないのは選択にすぎません。

しかし、過去のスタンダードで生きている人にとってはとても難しく感じるかもしれません。

過去のスタンダードは変化を嫌います。


ティール組織というのは未来における組織のスタンダードです。

しかし、人間の意識が現代のスタンダードである事が未来のスタンダードの実現を不可能なくらい難しくさせます。

意識のスタンダードが未来のスタンダードと重なった時、自然に構成されるのがティール組織です。

それを理解できないかぎりティール組織は出来ることはないでしょう。

逆に言うと人類の意識が未来のスタンダードに移行した時はいとも簡単に実現されているのです。


未来の意識

それはこの地球から見た時のお話です。

地球人類の意識の進化はこの宇宙において起こらない可能性もあります。

しかし、並行した宇宙ではすでにあるのです。

質問や書いてほしい内容があればコメント欄に書き込んでください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
↑応援よろしくお願いします。

このブログにはいろいろなことについて書かれています。

仕事の事

家庭の事

子供の事

生活自体の事

芸術的観点について

悟りについて

生きる・生きているという事について

ティール組織・U理論について(カテゴリにまとめてあります)


世の中のすべての事をある観点から見るとすべて見えるようになります。

いつも哲学みたいな文章です。わかりたい人は、来てください。そうすれば、こんな小難しい文書を読む必要などなく、理解できるようになるのですから。





このブログを難解に感じる人はおそらく多いと思います。このブログを理解する事は意識のシフトが起こると容易になります。

差取り塾で学ばれている方がシフトを起こしたときには「今日からブログがわかるようになりますよ」とお伝えすることもあり、実際昨日までの理解と違う理解が起こるようになっています。

これは魔法をかけたわけではなく、その人が自分にかけていた魔法を解くようなものです。


読んだ方にとって興味がある事と興味が無い事が同じブログに書いてあると、価値を見出しにくく感じることもあると思います。

差取り塾に入った方は、その人が最も大切だと考えることからお話を進めます。

お子さんを持つ母親であれば、子供の心配な事を通して話が進みますし、会社に勤めているなら、実際に会社で起こっている事から話が進みます。

私がお伝えしている事は先ほども書いたように、それさえわかればすべてを見通せる観点に至る話です。

その観点から見るなら、どのような事でも深く知るようになります。

何かに特化した観点ではありません。

全てに特化した観点です

ある事においてそれを極めた人はそれに精通しています。それに勝るとは言いません。

なぜなら、経験から生まれた観点は独特な観点であり、それを知ろうとするなら同じような経験が必要になります。


私がお伝えしている事は経験を通して達人が知る観点を最初から持っている状態にするお話です。

そこに経験を足していく事で、その分野の達人に近づいていきます。

通常起こる事とは逆に進みます。

ゴールが未来にあるのではなく、ゴールがいつも過去にある事。至っていたという事が大切です。


話は逸れましたが、このブログにはあなたが興味がある事と、興味が無い事が同じブログに書かれています。

興味がないことが書かれていても他に興味を惹くことがあったのなら差取り塾があなたにあっていないわけではありません。

沢山書かれている記事の中から、あなたが興味を持つことがあるなら、それがすべてを知る糸口となります。

全ての事について、人間は不合理な選択を知らず知らずにしています。

既存の学問では気づくことができない領域まで扱います。(学問にした時点で伝わらなくなることがあります)

それはスピリチュアルでもなく、自己啓発でもなく、ビジネスでもありません。

これを読んでいると多くの方が何かに当てはめて考えようとする傾向があります。

考えたそれではないのです。

しかし、それではない何かに気付いているならそちらをよく観察してみてください。

直感と言われるようなものと似ています。(直感を理論的に説明できますがここでは割愛します。)

不思議なことに夢中にならない、わからない事を信じない、わかった気になって安心しない、そういった気概で生きている人が向いているようです。

いずれ直感との整合性も取れるようになります。
2019/03/03 11:59 このブログを読むにあたって TB(0) コメント(-)
このブログを読んでくださっている方にお伝えしたいことがあります。

ブログを読むとき、心の中で音にしてその音を感じながら読んでみてください。

ちょっとした言い回しにも気を配っています。これは日本語だからこそできる事だと思います。

例えば

あなたの中にいればいい

あなたの中にあればいい

この二つを音にして感じてみるなら、あなたの中に響いて波紋を広げるでしょう。

意味を考え出すと、その波紋は広がりませんし、変化をもたらしません。


ブログの意味が分からないとしても、心の中で音にして感じてみることを続けると必ず変化が起こっていくと思います。

目で追って、意味を追っているうちはブログの意味はなくなります。


しれっと、何気なく書いてあるように感じるかもしれれませんが、読み方を変えていただくとあなたの中に絶景が広がっていきます。

その様に読んでくださればありがたいです。


絶景に触れていると自然に違いが分かるようになっていきます。

本物に触れている人は偽物に気付けるようになることと同じような事です。

時間はかかるかもしれません。しかし、このブログをそのように読み続けてくださるなら5年後10年をあなたを大きく変えているように思います。

2018/09/27 11:07 このブログを読むにあたって TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム