そのまま「観る」という科学
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

一年半程前、差取り塾を紹介したお友達のことについて書こうと思います。


彼女は差取り塾に入ってからすごいスピードで別人のようになってしまいました。
他の塾生の方も、全然違っているとおっしゃいます。


その変化に本人だけは全く気づいていない様子です。
真摯に「私」に向き合い、できる事をひとつひとつやっているうちに、
自然とそうなっているという感じでしょうか。
(これは塾生の皆さん同じように体験していると思います。)


グループセッションやスカイプで、素直にまっすぐに「私」に塾生の皆さんに向き合う姿勢が、
彼女を大きく助けていると思っています。


わたしから彼女に変わった様子を伝えると、確かに以前は何か問題が起きたと思った時、
目をつぶったまま、裸足で玄関を飛び出して行くような事を当然のようにやっていたと振り返り、

『最近はよく周りが見えるようになっているのか、
 自然に楽に生きられている。
 以前の私は苦しかったろうな。
 でも、その時は自分が苦しいということにも気づいていなかった。
 一生懸命やっていたけど、周りのことも私の事さえも見えていなかったと今はわかる。』
と話してくれました。


何がどう変わったかはわたしから見ると沢山あるのですが(笑)、
少し簡単にお話ししますとお子さんとの関係が非常にスムーズになっているなと思います。


「私」を見ながら子供達に発する言葉は、
イメージや考えを重ねて話すことはなくなってくるので、
それだけでも随分会話の内容、その後の状況も違ってきます。


また、昔から気になっていた彼女にとっての大問題が、
自然に気にならなくなっていました。


最近その話題が上がらないので 私の方から確認しましたら、
『そうそう、そういえば、今も気にする事も無くはないんだけど、
 前は何であんなに気になっていたんだろうってくらい気にならなくなってるのよ〜』
と、あっけらかんと話してくれました。


彼女にはこの大問題についての理想があり、随分その話も聞いてきましたが、
今、この理想を超えた状況についても二人でしみじみ話しました。


あんなに気になっていた大問題が、気にしないようにと気をつける事なく、
気づいたらほとんど気にならなくなっていた事に驚きました。
しかも、聞かれるまで本人がそこに気づいていなかった事が面白いと思いました。


わたしから彼女を見ると、気になる時もあるのかもしれないけれど、
彼女の中で気になっても気にならなくても、そこから自由な感じが伝わってきます。


そんな話をしながら、わたしの方も最近とても楽に彼女と過ごせている事に気付きました。
以前と比べ、二人とも肩の力が抜けて自然な関係でいられる事が嬉しいです。
2019/01/13 23:00 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
わたしは入塾してから
毎日の過ごしている時間が楽になったという実感があります。
1年前に家族について書きましたが
今回はこの「楽になる」についてです。

今までの私は、
例えば仕事を終えて会社を出たあとも
家で晩ご飯を食べながら
仕事のトラブルを思い出して嫌な気分になり
明日また苦手な上司と会話をしないといけない事を想像してうんざりしていました。

頭の中で過去に起こった事を再現して
それに対して不快な感情を、
その都度、その場で作っていたのです。
自分に過剰な暴言を吐く上司を頭の中で再現し
上司に対して批判し
そうすることで自分が悪くないことを納得しようとしていました。

そんな事が自分の気が付かない間に瞬時に起こり
あっという間に想像に埋没して時間が過ぎる。
その埋没から逃げる為に、
TVを見たり、好きな本を読んだりして
自分の思考が会社以外の事で動くように今度は楽しい事に埋没する。
思考や感情を動かして何かを作り出してそれに浸る・・・
どちらも同じことをしている訳ですが(笑)

自覚では、自分の中でそのような動きに気が付き
その動きをあるようにしている「私」を見ます。

そうすると、
嫌な思考や感情にも、楽しいものにも
どちらにも足を踏み入れる必要はなくなりますね。
わたしは、なくなりました。

思考を止めようとしているのではないのです。
仕事の事を考えないようにしているのではないのです。
考え始めることは今でもあります。
それを止めようとする事もあります。
その時は「思考を止めようとしている事」に気が付き、
そうしようとしていることをそのまま見ています。

これはノウハウではなく、
自覚の結果、起こった事を書いています。
ここに書かれていることを読んで、
同じように仕事のストレスに対処しようとあなたが思われたなら、
今、そうしようとしていることに気が付いてください。


自分が変わるという変化は面白いです。
色々なことがよく見えてきます。
自分の外のことも、中のことも
スローモーションのように、
少し速度が下がったように感じる事があります。

人の表情の変化がよく見えることもありますし
ただ相手はそうしたくてそう振る舞っているのを
それを見て自分がそれに意味づけをしようとしている様や、
その付けた意味を土台にして
自分の思考の連鎖が始まっていることに対する理解が起こります。

理解と書きましたが
それは例えていうなら
かけている眼鏡のレンズの精度が上がるという感じです。
白いシーツをみてお化けだとビクビクしていたら
眼鏡が曇っていてぼやけて見えていただけで
レンズを拭いたらシーツだと分かる。

目の前にある白い布に対する理解が起こるときには
そこに段階的な思考の介在はなく
何かを探そうとする掘り下げもなく
それは、
ハッキリと見え、ただ知ったということです。

曇った眼鏡をかけて歩くよりも
曇りのないレンズの眼鏡をかけた方が
心持ちははるかに楽です。
そしてわたしはもっとハッキリと知りたいと思っています。
人から聞いた知識ではなく
実感として自分の目で見てもっと知りたいと思っています。

わたしは心の安定と静けさを得たいと模索して
自分の外が変わることを望んでいました。
そして差取り塾で自覚し
ただその場で静かに自分のレンズをぬぐうことで
いつの間にか望んでいたようになり
そしてそれは、わたしが模索していた時に想像していたものとは違いました。
違いましたが、私の中に答えはあったのです。

私の場合は入塾当初の動機は心の平安を得る事でしたが
もし、それ以外の事でも
何かを模索して探している方がいらっしゃるなら
何かぼやけてはっきりしないと感じている方がいらっしゃるなら
ここに来て、
あなた自身の中に答えがあることを知って頂きたいと思います。
あなた自身に経験して頂きたいと思います。

無料のグループセッション開催中です。
次回は11月16日の21時〜23時です。
(毎月第3金曜日開催)

ご参加をお待ちしています^^

お問い合わせはこちら
http://satorijuku.com/application/

2018/10/26 22:12 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
Mさんは60代でご主人をずっと支えてこられた方です。

長い間ご主人ファーストで生きてこられたMさん。そのMさんが、抑え込んでいた事から次々と自由になっていく姿は感慨深いものがあります。




意を決して個人セッションを受けるために山梨のヨリアイを訪れたのはちょうど一年前の今頃でした。
その頃の私は長い間何とかしたい問題とそのことでの私の主張があり、その狭間の葛藤で苦しんでいました。


本を読んだりセミナーに参加したりしてその解決策を探したりもしましたが、
私の葛藤は消えるどころかますます大きくなるばかり。

そんな中、明人さんの動画やブログに出会いました。
気になるんだけど、「今」じゃないと、又遠回りしてそこから数年が経ち、
やっとここ「今」にたどり着いたのが一年前でした。

長い道のりでした。


差取り塾の塾生になり自覚を始めてどれくらい経った頃だったか、
今となっては定かではありませんが、パンク寸前だった葛藤が小さく小さくなっていました。

現状は変わっていないのに、そういえば私の主張が消えていました。

楽になるってこういうことなんだ、とはじめて気づきました。

私の主張もただの考えだったんですね。

私は私の考えと戦っていました。


塾生になり一年が経ちました。
私は何事にも歩みが遅く、そのことで人と比べて焦ったり、いじけたり、くじけそうになったりした時も度々ありましたが、
そんな時明人さんや塾生の皆さんは何も語らずただ静かに私を見守り続けてくださいました。

そのことがどんなに有難かったかしれません。

ここで師と呼べる明人さんに出会えたこと。
共に学びあえる仲間の皆さんと出会えたこと。
そして自覚というこれからの私を豊かにしてくれる宝に出会えたこと。
このことは私への最高のギフトになりました。

ヨリアイというところはおいしい手作り料理をみんなで囲み、頂きます。

そしてお茶を飲んだりして語り合い、又語らずとも各々が各々のスタイルでゆるゆるとゆったりと過ごせる、
そんな空間があるところです。


北は北海道から群馬、静岡、名古屋、滋賀、大阪、山口、四国は香川からと、
遠方から足を運ばれる塾生さんもいらっしゃいます。


 ヨリアイ  よいと~こ  一度は  おいで~

 ドッコイショ~ ドッコイショ~  (草津温泉風に)


こんな感じでみなさんにお誘いしたい私を観ながら、
来月も私は中央線に乗って小さな旅気分でヨリアイに足を運びます。



最後に
明人さんはツイッターでこのようにささやかれています。


「最高の悟りの修業の一つは縁側でお茶を飲むことです。」


この言葉に痺れました。

特別な人にならなくても
特別なモノを手にしなくても
特別なトコロに行かなくても

そのままの私であることを知っていくためにもこれから私は自覚を深めていきます。

ありがとうございます。
2018/10/15 22:54 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
毎月第3金曜日21時。今月は9月21日、塾生主催のオープンスクールを開催します。どなたでも参加できますので、たくさんの方に来ていただければなあと思います。差取り塾のことを聞いていただいたり、日常のこと、気になることなど、なんでもお話ししていただいて、みなさんと知り合えることを楽しみにしています。

私は、差取り塾に入って、3年になります。差取り塾に入って、やっと私は自分の足で歩くことが出来るようになりました。差取り塾の塾生には、「悟りなんて全く興味なかったけど、なんだか明人さんに惹かれてきちゃった。」という方もいらっしゃいます。私のように「悟り」を求めて何十年も遍歴してきた方々もいらっしゃいます。そんないろいろな方々と今、一緒に歩んでいます。迷いなく、確信を持って同じ道を歩く喜びがあります。

「悟り」を求めている人も求めていない人もオープンスクールにいらっしゃって、気軽に私たちとお話しして、私達が得た「核心」を感じてくれればいいなあと思います。お待ちしています。



申し込みはブログトップ記事よりお願いします。

http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/blog-entry-1689.html
2018/09/18 23:03 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
世の中の仕組みがわかる方法があると言ったら、どう思いますか?

差取り塾に入って一年が過ぎ、その仕組みがわかることが増えてきました。

目の前のことがわかると、そこに余計な感情(不安、心配 などなど)が出てこない為、生きることが本当に楽になりました。

楽になったと言っても今まで特別何か苦しかったわけではありません。
でも、今振り返るとだいぶ苦しかったなぁと思います。
自分で気づかないくらい、私が私を苦しくしていました。


結果的に楽になってきた私ですが、無理も我慢もなく、気づいたら自然にそうなっていました。

その方法は、実は方法ではなくただ今の私がどうなっているのかそのまま見て知るだけです。
だけ と言いましたが、簡単に出来そうでちょっとしたコツのいることでした。
そのコツはやり方ではありません。
少し方向転換をすればよく、そのお手伝いをしてくださるのが明人さんと差取り塾生の皆さんです。


これまで自分の考えが当たり前と思って生きてきました。
当たり前だと思っている事にも気づかずに、悩んだり悲しんだりしながら頑張ってきました。
でも最近は差取り塾の皆さんとお話ししながら、その当たり前と考えている今の私を知ること見ることを続けているうちに、周りの色々なものも見えてきています。

差取り塾に少しでも興味を持たれている方、是非お待ちしております。
2018/09/12 17:18 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム