特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。


関西在住 Cさん:

数年前、私はうつ状態になり働けなくなりました。



それまでナースをしていた私は、

仕事柄、精神疾患の患者さんと関わることも多く、

そのような患者さんの辛さを感じつつも、

どこか他人事のように思っていました。



「なんで自分で自分の首を絞めるような考え方しか出来へんのやろ」

「そんなん気にしてんの本人だけやで」

「薬で治るような問題ちゃうやろ」



診察介助につきながら、

殆どの患者さんに対してそんな風に思っていました。



しかし、気づけば、

私自身が自分を苦しめる考えに囚われるようになり、

そうして初めてその苦しさを知ることになったのです。



とは言え、当初は

「私はうつじゃないねん!」

「めっちゃめっちゃ苦しいだけ!」

と自分がうつであることを認めたくありませんでした。

うつ状態の思考パターンも理解していたつもりだったので、

私自身の思考パターンを変えれば、

投薬無しでも直ぐに苦しさから抜け出せると考えていました。



そこで、巷の心理療法・スピリチュアル等、

出来る限りをし尽くしました。



しかし苦しさは増す一方で、

結果、精神科に入院しました。



入院中、認知行動療法なども行いましたが、

これじゃない。。何か違う。。



ドクター・ナースの助言も全うであり

本当にありがたいけれど、

そうじゃないんだ。。

という違和感が拭えませんでした。



「直ぐに抜け出せるはずやったのに…」

万策尽きた感じで、

そこはかとない違和感と苦痛が続いていました。



そして3年が経とうとした頃、

差取り塾のブログを目にしました。



それを読んだ時、

「この人(明人さん)やったら私を救ってくれるかもしらん」

なにか静かに響くものがありました。



その後、差取り塾に入り、

『私を観る(自覚)』ということを続けていました。



そうして数ヶ月が経った時、

「全然心が楽にならへん!」

「いつになったら楽になるん!」

「やっぱり私がおかしいんかなぁ」

「何やってもあかんのかなぁ」

と感じ始め、思い通りに進まない苛立ちと、

深刻に自分を責めてしまう苦しさが募り、

自覚を投げ出した時期もありました。



苦しさは続き、

でも自覚のことも気になるという葛藤が続きました。



「差取り塾に入ったらなんとかなるんじゃないか?」

「差取り塾がなんとかしてくれるんじゃないか?」



そんな他人への依存と期待が大きかったことに気づきました。



「もういい加減、私と向き合うしかないんやなぁ。。」



拗ねてる自分が恥ずかしく思えてきたのです。

ようやく『私を観る』ことに

真剣に取り組むようになりました。



そうして日々私を観ていく中で、

考え・思い込みから少しずつ自由になってきていることを

感じるようになりました。



それは、ただ苦しさを解決させるために考えを転換したり、

消したりすることではありません。



『私を観る』ことで、

考えがあってもそれに影響されない私になっていく

ということです。



「私と向き合おう!」

「ただ『私』を知ろう!」

とするその思いがあったからこそ、

気づけば自然とそのような変化をもたらしていた、

という感じです。



こうして、紆余曲折を経て1年以上たった今、



「ホンマ楽になったなぁ・・」

「生きやすくなったなぁ・・」

とホント実感しています。



理想と現実のギャップに苦しみ、

一生懸命努力してもどうにもならなかった自分を責め、

自分に失望したり、

自暴自棄になったり、

無気力になっていた頃を思い出すと

随分変わったんだなぁと懐かしく感じられます。

そんな私も可愛かったな〜と^ ^



そして何より、こういうことを書けることがすごく嬉しく、

ありがたく思っています。



自覚を続けてきて本当によかったと、

ぐっっと込み上げてくるものがあります。



『私を観る』

これを言葉や文字で伝えられない歯がゆさはあります。



でも、考え・感情に影響されない、

またはそれらがあっても大丈夫な『私』は、

どれほど楽でいられるか!



自覚を通してそれを体感してもらえればうれしいです☆



是非、一緒に私を観ていきませんか ^ ^

笑顔


スポンサーサイト
2017/04/19 11:54 悟り後の視点 TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム