特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

選挙で色々な情報が飛び交っていますが、私が思うにこの選挙で国が良くなることはあり得ません。

むしろ悪くなるための選挙であるように思います。

本当に国を良くしようとするなら政治に期待することを見直してみる必要があると思うのです。

同じような心持ちのまま何かを改善しようとしても、同じような結果をまねくという事を知らなければなりません。

いくら良い考えを主張しようがそれが実行されて行かないのはそういった事です。

政治を批判しようが、主張しようが今の世の中が大きく変わことはありません。

政治や国をつくっているのは理念やルールではないからです。

それに一人ひとりが気づくまで政治は国民を真綿で首を絞め続けるでしょう。

そろそろ、真綿で絞められていても苦しいと感じる人が増えてきたようにも思います。

そこで政治を批判するだけなら、何も変わりません。

一瞬良くなったように感じていても手を変え品を変えだれかの都合が通されていくだけです。

意見によって変わったと感じるのはつかの間の改善でしかない事を主張に明け暮れているなら気づくことはできません。

人間が都合で生き続ける限りは大きくは変わりません。

殆どの役人はほぼ都合の塊です。

自分を守るために必死に生きています。

そのような観点で仕事をしているという事を理解する必要があります。

ですから国民の非難を避けながら都合を通そうとします。

これは批判ではなく、それを理解したうえでどう生きるかが大切だということです。

そういった人たちに頼って生きる事を選択しているうちは何も変わりません。



政治に対して批判や主張を繰り返すという事は、政治に影響されて生きる事を選択しているのかもしれません。

政治に無関心でいるというお話でもありません。

関心を持つことは悪くありません。

それを通して、何を学ぶかが大切です。

何千年も政治が世の中をつくって来たようにも見えますがそうではありません。

どの様な政治が行われているかよりももっと重要なことがあるのです。

それに気づく過程で政治に関心を持つことも必要かもしれません。

一生懸命主張する時期も必要かもしれません。

しかしもっと大切なことがあり、それに気づいた人が増えた分だけ世の中は良くなっていくように思います。

色々なことに関心をもって生きるだけではいけません。

なぜそうなるのか根本の理解が欠如しているなら、なにもかわらないのです。

ブログではこのくらいの事しか書けませんが理解てくださる方は行動に移してみてください。

都合に生きる人間を変えることは至難の業です。

スポンサーサイト
2017/10/19 06:54 悟り TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム