そのまま「観る」という科学
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

今まで表に出てこなかったモノがここから続々と現れ始めます。

ここまでに潜象的な努力を惜しまなかった人はこれからそれらが陽の目見ていく事になるでしょう。

表わればかりに囚われていた方々はこれから、追いかけてきた表れが崩れていく様を見て愕然とするかもしれません。


しかし、すべてが終わるというわけではありません。

大きなシフトをしていく為には既存のモノを壊す必要もあります。

壊れる様を見てネガティブだと捉える事は短絡的な捉え方です。


私が言う潜象とは思考を超えたところのお話であり、思考では理解できないとことです。

思考ではどうにもならないところを変える術をもって、本来思考から自由である意識を呼び起こします。


思考で納得できることを続けてきた人は、潜象的な部分に触れることなく、その部分の成長が起こらないまま一生を使います。

これから起こる事は命にもかかわる事が次々に起こっていくかもしれません。

そう考えるなら、一生とは儚いモノのように感じる事でしょう。

差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム