そのまま「観る」という科学
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

今色々な事が起こっていてそれを批判する人もいますが、起こっている事は結果であり、それについて対処や議論をしていては遅いという事です。

混乱を収束させようと普通は考えるかもしれません。

しかし、混乱を維持しようという考え方もまたあるという事を知るべきです。

それは陰謀論などではなく、人間の進化の為にそれが起こっている可能性も考えてみてください。


人間が死ぬことが悲しくて悲観的な事だという観念で留まっているならそれを超えて知る事は出来ません。

こう書くと、一定の人間は私が死ぬことを肯定していると考えるかもしれませんが、そうではありません。


批判している人を見ていると、見識の狭さ、視野の狭さをいつも感じます。

どんなに良い学校を出ていてもどんなに専門的な分野で秀でていても、批判は視野の狭さを露呈させています。

知識あって頭が良いとされる人間であっても私にはそう見えるのです。
2020/02/22 00:15 差取り TB(0) コメント(0)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム