特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

建築屋のおっちゃんに会って、恐怖は自分のものではないと気づいた話


夏も終わりに差し掛かり、日常生活はだいぶ安定してきましたが、僕の楽器のコンディションは不安定なままでした。


その不安定さからくる自分の恐怖に、僕はまだ打ち勝てずに、大事な方に迷惑をかけてしまったり、ものすごくフラストレーションがたまってものにあたってしまったり。


おっちゃんに会いに行くも、このあたりから頭では理解できても、身体がついてこなくなってきました。


僕は世界の成り立ちを知ることより、パフォーマンスを回復することが目的だったので、それが頭打ちになって来たんですね。


僕の恐怖を作り出している考えを手放すことができても、またすぐに握ってしまっていました。


考えを手放しても、手のひらに接着されているような感じ。笑


そうしているうちに、おっちゃんは散歩すること提案してくれました。


いろいろと話ながら田舎道をあるいていても、どうして僕はこうなんだろうと思い、ひどく落ち込んだのを今でも覚えています。


あるところで、急に目をつぶって歩いてみようと思い立ちました。
(危険なので、絶対に真似しないでください。)


そうしてみると、一歩一歩がものすごく重いんです。


10歩くらいで、身体がすくんで、先に進めないんです。


それで目を開けると


なんにもないんですねー、大丈夫なんですねーw


また目をとじて歩き始めるんですが


一歩一歩に考えがついているんですね


どこかにぶつかるんじゃないかとか、踏み外したら車に轢かれて死ぬかもしれないとか


でもそれは現実に起きていることじゃないし、自分の作り出した虚像だということが体験としてわかることができました。(でも絶対真似しないでください)


結果が出る前に、自分自身を縛る考えの虚像です。


それがわかったときから


前のように音が出なくなるまで、自分の身体を締めつけることは少なくなっていきました。


これを書いているいまでも、またやってしまいますけどね。それをつかんでも手放せるようになってきました。


鼻毛が出てきたら、カットするのと同じ感覚です。笑


そうして鼻毛をカットしているうちに、僕は現場に復帰しました。



恐怖に関する大きなヒントが書かれています。幻想である恐怖を見破るにはやはりやってみるしかない。
その前にちょっとした実験を通してそれを確認してみました。
目をつむって歩くのは危険のないようにされてみるといいと思います。その時に恐怖を感じたら目を開く前に立ち止まってそれを観てみるということ。
案外色々な感覚が襲ってきます。
とある音楽家さんは今、ご自分で立たれていますが、そうするために努力を沢山されていました。明人に会いに来られたのもその一環。その行動力はすでに知っている「私」そのものでした。
さまざまな形で「私」を知る機会が増えています。
そこで苦しむだけか?苦しみを通して「私」を知るか?
「私」を知る事をあきらめずに続けていくなら、苦しみも対岸の火事になっていきます。



ランキングの応援お願いし ます !

哲学・思想今何位?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



安曇野グループセッション
場所 長野県安曇野市穂高
日時 11月15日12:00 - 14:30
料金 10,000円(重ね煮料理3000円込み)
先着2枠個人セッション1時間(15,000円)グループセッション参加者のみ可能

お申込みはこちら


さいたまグループセッション
場所 埼玉県さいたま市 (詳しい場所はお申込みいただいた方に別途お知らせします。)
日時 11月12日(水曜日) 13:30~16:30
料金 6000円
グループセッションの後に個人セッションも2枠あります。グループセッション受講者のみの募集です。
お申込みはこちらから。
↓↓↓
さいたまグループセッション



山梨個人セッション差取り塾インフォメーションからお申し込みください。


スポンサーサイト
2014/10/29 21:00 感想・推薦文 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1126-a72f839a
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム