特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

謙虚にすることは巷ではいいことのように言われていますが、先日の記事にもあるように必ずしもいいことではないことに気付きました。

謙虚をもっとうにしすぎると、自信を失うことになります。

もし、私はまだまだ・・・まだまだ・・・まだまだ・・・と考えていたらどうなりますか?

自信は失われていきます。

そもそも、人間が完璧になるなどと私は思っていません。

そこに謙虚を持ち出して、まだまだと考えるのは逆に言うと謙虚でも何でもなく、その先に完璧になれると考える驕りであるともいえるでしょう^^;;

正直書いている私もびっくりです。

私も最近まで謙虚の罠にはまっていました。

そんな罠にはまっている事も知らないで、「どうして自分は自信を持てないんだろう」と自問自答したことは数えきれないほどあります。

謙虚に考えているつもりがいつの間にか完璧を求めていたのです。

完璧になるまで自信はお預けだ・・・と考えたら、それは大きな過ちであり、驕りであることは上記文章でわかますよね^^

しかし、そのように謙虚を勘違いして実践している人はものすごく多いのではないでしょうか?

それはきっと社会にとってマイナスであるといっても過言ではありません。

ですから

褒められた時は真摯に

成功した時も真摯に

努力する時も真摯に


そしたら、自信を取り戻せる日も近いかと思います^^

真摯とは辞書によりますと

まじめで熱心なこと。また、そのさま。

とのことです。

どうです。謙虚さは捨てて真摯さで勝負してみませんか?

では(^O^)/
スポンサーサイト
2010/09/23 19:29 未分類 TB(0) コメント(2)
コメント
この前の話ですね
あれから少し思い出したんですけど、小さい時に人から誉められてたよ~的な嘘をつかれて、気付かずぬか喜びしてたら、あとで嘘だと知って傷つく。みたいな経験が誰にもあると思うんですけど、そういう心理から謙遜が生まれるんじゃないですかね。

子供の頃から、そんな風に育ったらそうなっちゃいますよね
2010/09/24 16:31 ユウ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ゆうさん、こどものうちはなかなか難しいですね^^;;
やはり、大人が理解していて、徐々に教えていくしかなさそうです。相当な経済損失になっている気がしますね^^;
このことに関しても
2010/09/24 22:32 k2 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/115-c263ad54
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム