特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

こんな想像をしてみてください。

広大な迷路があり、迷路の中には天国や地獄のアトラクションなど配置されている。

金塊が置いてある場所もあります。


迷路の中には人類丸ごと入って迷路の中を歩いています。

中には天国を見つけ、「ここだここだ」と多くの人を先導しています。

先導された人は迷路の中で迷い続けたことから解放されたことを喜び先導してくれた人に感謝を表していますし、そこに滞在し続けます。

ここが地獄だと教えてくれた人にも、感謝をし、同じようにここが地獄だと教えるために、地獄のそばから離れることなく人をそこに入らないように啓蒙する人たちで溢れています。


迷路から出る事ができた人たちのほとんどは、もう一度戻り出口の先のことを人々に伝えます。伝えているうちに出口のことは忘れ、出る事を忘れてしまいます。

この滝に触れると健康になるという人も・・・・

迷路の上から見ているとその様に見えます。

そのまま進むと地獄に鉢合わせすることや、天国にある建物の屋根には悪魔のマークが書いてある事・・・・金塊があるところはネズミ捕りになっている事。

ハッキリその様に見えるのですが、迷路の中の人に言っても聞いてもらえません。

本当に大切なのは迷路の中で遊ぶことではありません。

どう伝えたら伝わるのでしょうか?

迷路の中にいる人にとっては、切実な真実にしか見えません。

誰かがどんなに「迷路を抜ける事ができた」と考えたとしても、それはまだ迷路の中。それを伝えるのは迷路から抜けたいと本当に願っている人以外は至難の業です。

逆に言うと迷路から抜けるという意思を強く持った人には簡単だとも言えます。


迷路から抜けたい人で、「迷路から抜けたらどうなるか?」というお話ばかり気になる人がいますが、こういった人たちは迷路から抜けたい人ではありません。その人たちに騙されてはいけません。

迷路から抜けるための方法は迷路を辿ることではないからです。

迷路から抜けた人たちは、抜けたという事を美化しているために、迷路を辿った事も同時に美化します。


大切なことは、迷路から抜けたことでも、辿ったことでもありません。ましてや抜けたときの感想でもありません。

それがどこかで分かる人だけがこの文章を読んで感じるところがあります。

そういった人が差取り塾の門を叩きに来てくれる事を待ちながら、ブログを書いたりグループセッションを開催したりしています。

差取り塾には迷路から抜け出た人も多数いますし、迷路から出てまた迷路に入っていかれる人も僅かにいます。その時にお互いに助け合いながら進むうちに、本当の「仲間」とは何かという事も同時に知っていきます。

「仲間」をないがしろにする人たちは差取り塾から離れていきますが、それも悪いことではありません。

向き合う事、誠実でいる事・・・・それらは自分自身を高めてくれます。

向き合う事、誠実でいることとは、へりくだることでもあります。

イエスキリストも言います。

へりくだる者は高められると・・・

考えでへりくだるとただバカにされてしまうのが落ちです。それは迷路の中での行為です。

迷路

大切なことは、迷路に挑み迷路を抜け出すことではありません。

このことを知りに差取り塾で勉強してみませんか?




差取り塾では今年いっぱい無料Skypeグループセッションを行っています。
詳細はHPをご覧ください。
スポンサーサイト
2016/10/31 16:18 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1512-29fcd2c8
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム