特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

スポーツでも芸術でもプロとアマという線引きはあります。

それぞれの中身も色々です。

プロになれないアマもいれば、アマが抜けないプロもいるでしょう。

悟りにおいても一緒です。

しかし、困ったことに言った者勝ち。それっぽくしていればそれっぽく見えてそれっぽい人を好む人はそれっぽい人に集まり、それっぽく学びます。


その時にうっすらと支配している思考は「それっぽければよい」という安心感です。

それが大方アマチュアの思考です。

ですからアマチュアのままで終わります。

悟りにおいてアマチュアとは、悟りを開かない。もしくは開いたところで終わり。

くらいのところでしょうか。

今回のお話ししている部分については8割位の人が当てはまるところだと思います。

ですから後の2割については別の機会に・・・

そこで8割の人を本当の悟りに導く道を案内する事はあまり意味がありません。

分かっていると気分を悪くされるのがオチです。

本物の道を選ぶことができないのが8割

ですが悲しむことではありません。

道を選べないのではなく、選ぶ段階ではなくそこに続く道を歩んでいる(選んでいる)とも言えるわけです。

どんな道を歩もうが悟ったと勘違いしていようが悟ってその後道を外れていようがそれをとがめる必要などありません。

そういった段階ですし、悟りの勉強をしていても一生懸命やらない人が殆どでやっている気になっている人であふれています。


悟らなくてもよい

という話は

そんな中から生まれます。

なにをしてよいか明確に分からなければその隙間を埋めなければなりません。

隙間を埋める為にスピリチュアルや心理学、悟っているかもしれない人の話を聞いたり批評したり・・・


だいたいその辺に落ち着いていきます。

それってプロ野球中継を見ながら選手を批評するおじさんと一緒ではないでしょうか?

ゴルフの中継でも一緒です。


アマがプロの批評をするのが冷静に見れば面白いことなのですが・・・

アマはアマに教わりその気になります。

志高いアマはプロに教わるという選択をするかもしれません。

アマはアマの考え方から脱却できないのです。

できないというお話もまた一つの見方。

脱却するゲームを楽しんでいるのかもしれませんし、その部分を磨いているともとれますし、磨く必要があるとも言えます。

気がついた人から違和感と共にそこから離れていきます。
スポンサーサイト
2017/02/09 21:09 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1522-99f0be93
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム