特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。


ITコンサルタント Mさん:

差取り塾に入って何が変わったのか。



やはり、そこは大切なことだと思います。



まず、いろいろな出来事に対する反応に距離を置くことができるようになり、

とても楽になりました。



一般的に、人は自らの考えと同化して、

そこから生まれる感情に溺れて生きています。

私も差取り塾で学び始めた当初は、

考えに溺れていたような状態でした。



差取り塾で教えられている「自覚」を実践していくと、

私そのものと私の考えに距離ができていきます。

その結果、私と私の考えは異なるということが

次第にわかってきます。



そして、考えや感情に巻き込まれなくなり、

現実的にもより適切な対処ができるようになっていきます。



私はそれまで苦しさを何とかしたいと思い、

ご多分に漏れず、さまざまなことを学んできました。



それは自己啓発から始まり、スピリチュアルの教え、

あるいは何かの方法論、

さらには特定の瞑想法だったりしました。

しかし、結局はそのどれも何かが違うと感じ、

離れていくことになりました。

世間でよく言われるジプシーというやつです。



そんな感じであれこれやりつくした時に

明人さんのブログを見つけました。



読んでみると、ここには何かがあると感じました。

そこに書かれていることが明確には理解できなくても、

何か大切なことが書かれていると感じたのです。



これを読んでいる方は悟りに関心がある方が

多いと思います。



その意味では、私もまだ道の半ばにいます。

しかし、自覚を通して「私」自身を知っていくことが、

その道を歩み続けていくことであり、

悟りにつながっているということが腑に落ちています。



これは思い込みでもなければ、

論理的な理解でもありません。

ただそうなのだとわかったと言ったらいいでしょうか。

これは言葉だけだと、根拠がないという点で、

思い込みとの違いは微妙に感じられるかもしれません。

しかし、これも自覚することで

明確に区別できるようになっていきます。

本棚


私は長年ITのエンジニアをしています。

そのため、仕事では論理的に考えることを

訓練してきました。



そのため、どんなことでも無意識のうちに

論理的に考え分析してしまう傾向にありました。

どこかで論理的でないものは納得できないし、

正しいとは言えないと考えていました。

しかし、これも論理教という一種の宗教と言えます。

論理で明らかにできることは

ごく一部に過ぎないからです。

悟りにおいては、それこそが障害となります。



差取り塾で実践しているのは、

ただ「私」を知っていくということだけです。



何も強制されることはありません。

ただ人それぞれ個性が異なっているので、

それに合わせた指導をしていただいています。



もし悟りに対して、何かの概念を持っているなら、

それは一旦捨てる必要があります。

肝心なのは、

素直でいること、そして「私」を知り続けることを

決してあきらめないことだと思っています。



明人さんのブログを読んで、

なぜかわからないけど何か気になると感じたのなら、

ぜひ差取り塾の門を叩いてみてください。



これをたまたま読んでいるという縁、

そしてそのあなたの感覚を大切にされてください。



それが道を一歩踏み出すことになるはずです。

スポンサーサイト
2017/04/01 10:10 悟り後の視点 TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1526-1c0b7fc4
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム