特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

世の中を生きにくいと感じている人は少なくないはずです。

それぞれの人にそれぞれの感覚があると思いますが、読んでみてその感覚に近い人には参考になると思います。

内容が違っているのなら直接お話に来られても良いと思います。

され、生きにくさとは何でしょう?

それが分からなければずっと「生きにくい」という感覚を抱えたまま生きることになります。

「生きにくい」という感覚だけを頼りに何かをするうちに衝動的な行動を通して、別のネガティブな感覚に陥ることも珍しくありません。

それは、周囲の人とのコミュニケーションの違和感や嫌悪感

社会に対する違和感や嫌悪感

家族

友人

恋人

etc.

どこでも感じる可能性はあります。

そして、自分自身にも・・・


「生きにくい」という感覚はそれほど重要なものではありません。

なぜなら「生きにくい」を創る考えがその感覚を創るからです。

そうはいっても考えている感覚もないかもしれません。

自己分析をして、解決できる人もいるでしょうし、そうではない人も多くいます。

後者のそうではない人はどこに行っても「生きにくさ」を解決できないことが多く、いろいろなところを探し回ることが多いでしょう。

そして、それを解決できることはないとあきらめている方もたくさんいらっしゃるように感じます。


スキルアップ・ビジネスセミナーから始まり、心理学的手法・・・それでもだめで霊的手法・スピリチュアル・・・・禅・聖者・悟り・・・・・・・

そんな道筋で探している人は沢山いらっしゃるようです。

それでも見つからないのは、「生きにくさ」を何とかしようとしているからです。

それは感覚であって、真実を表す結果ではないのです。

感覚は感覚なのでとても抽象的なものです。抽象を具体化させなければ解決の糸口さえつかめません。

そこに気づくなら糸口が見えてくる人もいるかもしれません。

modokashisa.jpg

抽象的なことを具体的に分かるという事は少し難しいかもしれません。しかし、抽象的なものに悩まされているのなら、それは具体化し解決することが最も合理的な方法だと思いませんか?

多くの人間は抽象的にとらえ具体的に考えようとします。

人類の殆どがそうだといっても過言ではないほどです。

まず、そこから手を付けなければ本当の解決はないのです。

随分壮大な話になってきましたが・・・

「生きにくさ」を感じそれを何とかできるようになった時、人間の根源的な変化が同時に起こります。

「生きにくさ」を感じる人はその可能性を秘めている人かもしれないのです。

もしあなたが、

なんでも一生懸命やってみなければ気が済まない、それで失敗もたくさんある

納得できなければ信じない

分からなくても教わったことを一生懸命やり続ける(宗教に多い)

上のようなことが思い当たり、それでもいつも「生きにくさ」などの違和感を抱えながら生きているのなら、可能性を秘めている確率が高い人です。

それができるのなら、違和感や「生きにくさ」を抽象的なままにするのではなく、具体的に分かってみることもできるかもしれません。

そこまでできれば何をすればよいかもおのずとわかるようになります。

ただ、具体的に分かればよいのです。

霧の先に崖があるとわかったらそのまま歩き続ければよいのか迷う人はいません。

具体化する方法が書かれていません。ないのではなく、人それぞれだからです。

書ける方法はそう多くありません。

一番良い方法はしっかり向き合いありのままに見定める

という事です。

ご自分でできる人は是非トライしてみてください。
スポンサーサイト
2017/06/01 16:35 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1531-5c6e027d
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム