特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

カリキュラムといっても、実際に決まったマニュアルがあるわけではありません。

だからと言って闇雲にお伝えしているわけでもなく、一人一人それぞれの進み方に添ってお伝えすることで緻密に計算された結果につながっています。これから先マニュアルを作って一緒くたにあてがう事はありません。

特に決まったことはありませんが、結果的にそうなっているということをここでお知らせ出来ればと思います。


まず「悟る」

と言うことを規定しないでください。その上で読んでいただくとわかりやすくなります。


本質は言葉では表せません。

ですから、言葉を聞きながら「こういうことかな?」と分かることが必要です。

それを別の言葉で言うと

「言葉から《悟る》」

といいます。

特別なことではありませんし、誰でもその気になりさえすれば出来ることです。

それはいってみれば小さな「悟り」。


その「悟り」を重ねて一段一段登っていくと・・・(分かりますね?悟ってください)

気付きではなく「悟り」を呼ぶお話を通して意識が広がっていくのです。


その広がりはマスターからするとはっきり見えますし、悟った瞬間が分かります。

ですからどの段階に居るのかもハッキリしていますし、嘘もごまかしも利きません。

マスターは一人一人見て、その人が悟れる範囲の話をし、それを導くことをします。

ここまで読んで何か悟れましたか?

字面を追った人は分からないと思います。


茶道で形だけ真似しようとしても美しくありません。

それはそこに流れる何かを悟っていないからです。

本


自分自身で悟りを呼ぶことが出来るのですが、一人では難しいのです。

師が居ると言うことはそういうことです。(ここも悟るところです)


これを読んでも何の役にも立たない人は悟れていないだけであって、悟れない人ではありません。

カリキュラムの話から脱線しましたが、「悟り」という壮大なモノを追っているなら悟りから遠ざかります。

そういったアプローチしか知らない人が「悟りはやってくるもの」「待つしかない」とかいい加減なことを言います。

「悟り」は身近なところにあって、それに気付く(それを悟る)ことでえらいお坊さんの境地に至リます。

差取り塾ではそれをハッキリ、ステップバイステップで伝えています。

だから途中で辞めてもそこまでの悟りは経験できるのです。

(途中で辞めたらだいたいなにをやっていたのか分からなくなってしまうし、なにやってるのか分からないから辞めるのですがのが・・・)

価値は差取り塾に見るものではなくその人自身にみるものです。

己に価値を見いだした時、それを導く師に感動とともに感謝する事が出来ます。

最初はそれでよいのです。

差取り塾のカリキュラムを悟っていただけたでしょうか?

分かっていただけないので悟っていただくのが差取り塾の指導です。

分かるということを超えて分かったときが悟れたという一つの現象です。

スポンサーサイト
2017/07/19 14:04 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1536-bf4769ce
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム