FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

生きていると度々「わからない」という事か起こります。

そこで思うのですが、多くの人間は「分からない」を分かっていないという事です。

「わからない」を分かった気になる事で「わかった」といっている場合がどのくらいの率で起こっていると思いますか?

10% ?

20% ?

想像してみてください。

201708221725150c3.jpg


「わからない」と真摯に向き合わない限り「わかった」と「分からない」を区別できません。

「解る」のは個人的な現象です。

解った時、思考による規定が起こっています。

思考による規定を行うのは個です。

例えば

1+1=2

これは個人的な規定ではないように思うかもしれません。

しかし、1を規定し2を規定しているのはその規定を採用した個人です。

「1」を解るという規定について伝わるでしょうか?

「1」という規定がない限り数式は成り立ちません。

簡単に誰でも解ることは規定がなければ成り立たない「わかる」なのです。

「1」をどの様にしてわかりましたか?

リンゴが1つある。

そんな風に「1」をわかりましたか?

「1」をどの様にわかったのか知ることがすべて分かることにつながります。

「1」を知らなければ「2」はわかりません。

教わらない限りわからなかったなら、それは規定にすぎません。

その可能性が高くありませんか?

答えはご自身で導き出せると思います。

規定に基づいてわかったことは、規定がなければ分かることが出来ないものです。

規定の上にしか成り立たない「わかった」はわかったとはとても言い難い事なのです。

すると最初の割合についての答えは

100%

になるわけです。

これは哲学ではありませんから解釈して「わかった」とはいってはいけません。その瞬間、わからない自分自身を在るようにしているからです。

こういったことを自然に理解している状態に差取り塾では導いています。


だからと言って敷居をあげないでください。誰にでも簡単に分かる話しか普段はしません。

しかし、その観点から今日のような記事を考えてみるとこういった事も出来ますし、こう言った内容が好きな人も差取り塾に合っていますよという一つのお話です。

「1」を知らない人はほとんどいないのですから。
スポンサーサイト
2017/08/22 17:27 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1546-2b2a0b51
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム