FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

最近インドの聖者の本があったので少し読んでみました。

その時感じたことを書いてみたいと思います。


質問者は貧困や争いがあると言い、聖者はそんなものはないと言う。

この会話がかみ合わない事・・・・

聖者が言っていることを理解しようとしてもできません。

それは山の上とふもとで景色の話をしているようなものです。

それでは質問者が理解できることは無いでしょう。

こういった勉強をするなら、いつまでたっても聖者の境地には近づけません。


一方他の章では、生活を通してどうしたら理解が深まるかという問答が行われています。

そこでされている会話は、聖者が質問者に起こっていることをお話するのですが、質問者は自分の主張を繰り返すばかりで、聖者が指し示すことを理解しようとしません。

そういった事がなぜ起こるのでしょうか。

話を聞いて理解しようとするからであって、話を聞いたら理解できると考えているから。

ここに大きなヒントが隠されています。

その事は話として書いても、話として受け取られることが殆どですから、話としては書けないのです。


さて、聖者と質問者の話はどのような関係性かというと・・・・

子供がお化けが怖くて仕方ないし、そこにいる

と言い張っているところに

そんなものはいない。よく見てみなさい

と大人が言うのと似ています。


私がお伝えするとき、何を大切にしているかというと

お化けがいると言っている時、それを否定することはありません。

その子にとってはお化けがいるというのは真実なのですから。

大切なのは、それが真実だと言っていること自体を認めることです。

それが足掛かりとなり、次のステップを生み出していきます。


これは今までなかった方法かもしれませんが、確実な手法です。

禅などで悟るプロセスを細かに分けた時、何が起こっているか知るとそれができるようになります。

聖者や禅師はそのプロセスを体で知っています。

そのおかげで今ではそのプロセスを感覚ではなくはっきりと導けるようになりました。

それは人類の進化もかかわっている事です。

人類の意識は1000年前からすると随分進化してきました。

進化した分、理解できることも深くなっているのです。

ですから、1000年前2000年前の方法をとらなくても、2000年前本当に伝えられていたことをもっと効率的に勉強することはできるのです。

スポンサーサイト
2017/09/16 17:23 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1552-1f66214d
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム