特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

お伝えすることで最も大切にしていることは、

自分で気づくことができる

ということです。

乱暴な話をするならそれさえあれば何もいらないからです。

ただひたすら自分で気づく修練をするなら、気付くことができる自分自身になっています。

気付くことができる修練は必然的に意識を押し広げ、気付ける範囲が知らないうちに広がっているのです。

これは思考ではできない部分の話であり、思考で理解したとしてもその理解は間違いなく違います。


自分で気づけるようにお伝えすることは、エゴにとっては諸刃の刃です。

伝えられている人が気づいていくからです。

私が伝えていることに曇りがあるのなら、それを気付くようになります。

ですから、伝え続けるためには一点の曇も許されません。

そのくらいの覚悟でやらないとい分かるようになった人は離れていくのが自然です。

自分で気づけるようにに伝えるということはそういうことです。


エゴで似たようなことをするためには気付かれないようにするのが自然です。

気付かれないようにしていても中には気づく人がいます。そういった人は引っそれと離れていき、気づかない人はそのまま
そこにい続けます。

気づいた人は同じような過ちはもう起こしません。

気づかない人は不満を抱え離れる人はいますが、離れた理由が不満なため、また同じようなところに期待し、求めます。

それは気付くまで繰り返されます。


大切なのは誰かに教えてもらうことではなく、自分で気づくことができる様になることです。

自分で気づけるということは自分を守り、成長させ、生きることを楽にさせていきます。

それは自然なことであり、必然でもあります。


気付ける自分。

気付こうとしてはいけないのです。

あくまでもきづける自分になっている事が大切なのです。


気付こうとすると疑念を生みます。

疑念は気づきの目を曇らせる思考です。それは妄想とも区別が付くものではありません。

自分で気づけるようになった人は一人で進むことができるようになります。

しかし、「気付き」のレベルをあげようとする人はいません。

ですから、進みがどうしても遅くなります。

それがはっきり分かるなら、気付くことを修練する意図と方法を知るようになるでしょう。

何に気付くかが大切なのではないのです。

気づきのレベルが上がれば気付くことは必然でしかないのですから。

スポンサーサイト
2017/09/21 01:07 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1553-ba3a94d9
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム