特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

どうしたら独学で至るかというお話の続きです。

独学で勉強するようになると至った(と思われる)人の話を理解しようとします。

それは悪いことではないのですが、その話の通りになると思ってしまうのならそれは違います。

至った人であっても、その人の観点でモノを見て話しているからです。

それを理解しようとすること自体が実はばかばかしいという事なのです。

至った人が言っていることは至った人が考えていることを話しているだけです。

行ったことのない場所、例えば海を見たことがない人が海の話を聞いて理解しようとしているのと何も変わりません。

本当に分かるべきことは、海を想像上・空想上・・・妄想で理解することではありません。

妄想が始まった時、妄想だという事を自覚していれば妄想は自然におさまっていきます。

最初に大切なのは妄想に煩わされていることに気づくことです。

それが体で分かった時、自然に何かが起こり始めます。

それはそこまで至った人が知る事であり、そこまで至る前にそれを聞くことはまた妄想を増やすだけなのだと知ることが大切です。


さて、そこまで至った人は自然に起こる何かが分からなくて苦しむことが多いようです。

それを知るために多くの場合、長い旅に出ます。

何年も何十年もかけて探し続ける人もいます。

しかし、そこで何も見つけられないという事はあり得ません。

探す旅自体が修練だからです。

その修練は決して無駄ではありません。

求め続けそのまま死ぬことになったとしても、大切な何かへの理解は起こり始めているのです。

求めていたものがすぐに見つかったからと言って、それが幸運なことかといえばそうでもありません。

苦労して見つけた人は、大切にできますが、苦労しないで手に入れた人はそのありがたみを感じることができないからです。

どんな事であっても一生懸命取り組む人は時間を超越しています。

知らなくてもそれは起こっています。

悟りを得たいといって、生きている事をないがしろにしている人は時間を無駄に使っています。

差取り塾で大切にしていることは、悟ることではありません。

何事にも真正面に向き合い一生懸命取り組んでみるというとです。

すると、悟る必然ができるからです。

向き合う事ができない人がいくら勉強しても悟ることはありませんし、悟ったとしてもそれはその人の妄想です。

これは大人なら考えればわかることですね。

今日は独学でどう取り組んだら良いか書いてみましたが実践すればできるようになります。

何事にも向き合う事です。

勉強してたからと言って悟ることはできないのはそれが足りない可能性が高いという事です。

一生懸命生きた人はそれを学ぶ必要なく知っています。

しかし、向き合うという事が分からない人が多くいらっしゃいます。

そこをどうやって勉強するかは悟りの本にはあまり書かれていないようです。


さて、私が言う言葉を聞いてはいけません。

なぜなら、私が言う言葉をあなたは聞いていないからです。
スポンサーサイト
2017/10/01 10:00 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1559-0224a700
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム