特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

今回は塾生の方にブログを書いていただきます。これを機に塾生の方にもブログを書いていただき塾生がどのように学んでいるのか外から見て感じていただけると良いと思います。

さて、今日はYさんです。





差取り塾では、みなさんが集まる第1日曜グループセッションの日に、
お茶を飲み、ご飯を食べて、ともに時間を過ごしています。


私は、差取り塾でいらっしゃるみなさんにお食事を提供しています。


山梨には美味しいお野菜や果物が豊富にあり、
地物、季節の旬の物を中心とした料理を用意しています。


季節がきたら、お味噌を仕込み、
みなさんが集まる日に合わせて、
天然酵母を起こし、パンをこね始める。
パンに合うようにと、ヨーグルトやコンフィチュールの仕込みを始める。


そして、当日集まったみなさんの顔を見ながら、
最終的なメニューが出来上がっていきます。


献立から組み立てるのではなく、
集まった食材、みなさんの様子から料理を仕上げていくので、
同じ食材であっても、形はいつも変化していきます。


口にしたものは、味わいを生み、
咀嚼したものは、そのまま体を作りあげていきます。
作り手は、食事を堪能してもらえるようにと、
その素材の声を聞き、それをあらわし、料理へと昇華していきます。


古来より禅宗においては、修行僧の食事を担当する、
典座は修行の行き届いた高僧の役割でした。



米を淘(よな)げ、菜を調(ととの)うる等は、自手(みずか)ら親しく見、
精勤誠心(しょうごんじょうしん)にして作(な)し、
一念も疎怠緩慢(そたいかんまん)にして、
一事は管看(かんかん)するも、一事は管看せざることあるべからず。
功徳海中(くどくかいちゅう)、一滴も也(ま)た譲ることなく、
善根山上(ぜんごんさんじょう)、一塵(いちじん)も亦(また)積むべきか。


お米をといだり、おかずを調えたりすることは、典座が自身で手を下し、
よくよく注意し細かな点まで気を配り、心をこめておこない、
一瞬といえども、おろそかにしたり、なげやりにして、
一つのことはよく注意し気をつけるが、
他の一つのことには注意を怠ったりするということがあってはならない。
典座の職責を全うすることは、大海のように広大で深い功徳を積むことであり、
この大海も一滴一滴が集まってできているのであるから、
ほんのわずかのことでも他人にまかせてはならないし、
また、山のように高い善根を積み重ねることにおいても、
大山はひとつまみほどの土が積もり積もって成ったものに外ならないのであるから、
高い山のひとつまみの土ほどの小さなことでも、
自分で積み重ねなければいけないのではないか。

道元『典座教訓・赴粥飯法』 講談社学術文庫 より



料理を通じて、私、食材、みなさんと向き合い、それをあらわしていく。
とても奥が深く、尊い業です。


季節をみて、それを味わう。
私をみて、それを知る。


楽な心持ちで、食卓を囲む。
味わい深い食事を堪能しに、差取り塾へ足を運んでみてください。


14929.jpg
S__24887306.jpg
スポンサーサイト
2017/11/16 21:49 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1569-b127f523
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム