特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

充実した生活

充実した時間

充実感

これらが悪いという人はほぼいないと思います。

それどことか、それを目標にしている人も多数いると思います。

充実していることはいいことだという考えから少し離れるなら、少し見えてきます。

あなたにとって、充実感とは何でしょうか。

仕事を忙しくこなしている時、充実感を感じる人もいます。

大きなプロジェクトを成功させた時

・・・・なにかに一生懸命取り組んでいる時、多くの人は充実感を感じます。

それはネガティブと思えることでも起こっているのです。

何かに追われ、一生懸命こなしている時

借金を一生懸命かえしている時

家族のことで忙しく働いている時

誰かを助けるためあくせくしている時

その時も充実感はあるのではないでしょうか?

もしくは充実感に似た何か。

なぜ、人間は充実感を求めるのでしょう。

それは本来は満たされているからです。

満たされているのに、不足をつくり、不足を埋めようとする衝動が充実感を求めるのです。

充実感を感じられる場面は沢山あります。

追い込まれた時もネガティブな充実感が働いています。

良い充実感を求めているようで、充実感を求めるという事はそういった充実感も同時に求めているのです。

充実感を求めてさまよう事。

それは美談のように語られることも少なくありません。

世の中全体が充実感に対してポジティブな印象しかないからです。

充実感という成分だけ見た時、それは良いものでも悪いものでもなく、先ほど書いたように不足の代替えであり、本来の姿の虚像であると言えます。

他者を非難することで充実感を得ることもできます。

独善性も充実感を伴っています。

人間の不足感は色々な形で充実感を求めます。

充実感は生きているという感覚に近いかもしれません。

それは確かにそうなのです。

人間として生きているという事は、不足を抱える事でもあります。

その不足を埋めたら、完璧になるという幻想がそのような生きている・輝いているという幻想をさらに抱かせます。

幻想だらけでどこからどこまで幻想か分からないところでわれわれ人間は生きています。

何かを追い求めることは充実感を伴った幻想です。

何かと戦う事。勝利を得ようとする事。

充実感を頼りに生きる事は幻想を頼りに生きる事です。

こういった事を書いたら敬遠されるかもしれません。

しかし、充実感という幻想を超えた時、満ちた生き方が始まるのです。

満たそうとしない。

既に満ちているのですから。

満たそうとして満たされた刹那の感覚に浸っていても、それはやがて消えます。それは誰でも経験している事ではないでしょうか。

消えない満ちたそれは、誰にでもあるものです。

しかし、それを忘れたから充実感を求めるようになったのです。

既に満ちている人は充実感を求めません。

それをただ思い出せばいいのです。

スポンサーサイト
2017/12/27 12:00 悟り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1577-ee39403a
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム