FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。


差取り塾に入ってから5か月が経とうとしています。入って間もない頃、わたしは「個人と向き合う」ということを教えてもらいました。当時はそのことが出来ていないことに気付くこともありませんでした。今も完璧にはできているとは言えませんが、わたしの人に対する姿勢はあの時以来大きく変わりました。今日はそのことをお話しします。

わたしは大学で英語を教えています。ここ数年、教壇に立って一生懸命授業をしているにも関わらず、学生との心のすれ違いを感じていました。学生と以前のように親しくなれず、孤独感を感じていました。若い人の気持ちが理解できなくなってしまったからだと諦めに近い気持ちを抱いていました。

そして差取り塾に入って日の浅いある日、わたしは担当しているあるクラスの何人かの学生の態度の悪さに我慢が出来なくなり、感情的に声を荒げてしまいました。わたしはいつも穏やかに授業を進めてゆきたいと考えていたので、多少の事では声を荒げたりはしません。しかもその日は講座の初日であり、これから学生たちとの関係を築いてゆくうえで大切な日であったので、普段より「感じよい講師」として振舞うつもりでした。しかし私が話し出しても全くおしゃべりを止めない学生たちを前に、自分が軽く見られているような憤りを感じました。「そうそう、おしゃべりが多くて態度が悪いやりにくいクラスです、って前任者が忠告してくれていたんだっけ。なめられちゃいけない・・・。」そんなことを考えていたと思います。そして学生の些細な行動をきっかけに、「なにやってるの!まじめにやりなさいっ!」自分でも驚くような怒気を含んだ声が教室を走りました。一瞬にして空気が凍り付き、当惑と敵意が空間を支配してゆきます。でも負けるわけにはゆきません。学生たちのしらけた態度と必死に戦って授業を進めました。その日は理不尽な攻撃を受けたような気がして苦々しい気持ちのまま授業を終えました。しかし、わたしは自分の正しさを疑いませんでした。ふざけた態度でいたのは学生達であり、それを正すため声を荒げたのだ。悪いのはわたしではない。

開講日早々学生達といやな関係になってしまったわたしは、そのあと何か月にもわたって続く講座のことを考えると憂鬱でたまらなくなりました。まとわりつくような気持ちに押しつぶされそうになりながら、差取り塾のスカイプセッションに出ました。恐怖と不安に支配されていたためその奥にある考えを見抜くこともできず、いったい何をどう自覚すればいいのか、考えれば考えるほど混乱していました。そのスカイプセッションで、明人さんの言葉がわたしの目に飛び込んできました。「学生たちはOさんが集団と捉えていることに違和感を感じているんですよ。」「えっ、まさか!?」思ってもいなかった言葉にわたしは動揺しました。学生たちを集団として認識していることには全く気が付いていませんでしたし、ましてやわたしの無意識から起こる態度が学生との軋轢の原因であるなどということは、想像だにありませんでした。しかしよく思い起こすと心当たりがあるのです。わたしはクラス全体に理解をうながし引っ張ってゆくことに尽力していました。年を追うごとにクラスの人数が増え、個人個人と話す時間も心の余裕もなくなっていました。例えばある学生が授業が終わってから個人的に質問をしてきたとします。するとわたしはその質問してきた本人への回答もそこそこに、これはクラス全体から質問だと理解し、その場でみんなに説明をする、というような事をやり続けていました。確かにわたしはクラスとういう集団と戦っていました。

「そこには個人がいます」明人さんの言葉の意味が理解できた時、ある変化が同時にわたしの中で起こりました。学生ひとりひとりの顔が浮かんできました。それまで同じように見えていた人たちの顔がそれぞれ個別に認識できます。そしてさっきまで重く沈んでいた教室全体が色鮮やかによみがえります。わたしは心の中で学生一人一人に向き合いました。対峙していた集団は崩れ去りました。そしてあんなに怖かった学生たちの顔が穏やかになり、微笑みさえ浮かべています。もう何の不安も恐怖もありませんでした。「大丈夫」そう確信しました。

次の週わたしはちょっとドキドキしながら、でも晴れやかな気持ちで教室に立ちました。スカイプセッションの時見た心の中のイメージの通り、だれも怒っていません。わたしは一人一人に目を合わせて挨拶をしました。恥ずかしい話ですが、名簿から目を離して挨拶するのは何年ぶりでしょうか。Hello! How are you? 自然に笑みがこぼれます。みんなうれしそうです。そしてしっかり前を向いて授業を受けています。わたしも一人一人の目を見て話します。前の週のことが嘘だったかのように和やかに授業が進みます。

これがわたしが差取り塾に入ってすぐに体験した出来事です。集団という敵に立ち向かうことのなくなったわたしは、この一件以来もうがんばって自分を大きく見せようとしなくなりました。身に着けていた張りぼてを脱ぐことができて楽になりました。あれから半年近くの時が経ちます。授業ではみんなとたくさん話しました。授業に関係あることもないことも、普段教室で話したことのないわたしの事も。そしてもうすぐわたしの担当は終了し、みんなとお別れです。「楽しかったよ、次も先生がいいな~」誰かの声が聞こえます。「わたしも楽しかった。本当にありがとうね!」こんな会話ができるなんてまるで奇跡だなあ、わたしは開講初日のことをふと思い出していました。
スポンサーサイト
2018/02/16 10:40 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1591-42df4c1f
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム