FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

心の声を聞ける人はどれほどいるのでしょうか。

そもそも心が勝手にしゃべっているのでしょうか。

そういった人もいるかもしれませんが、そういった機会がだれにでも起こるかといえばそうではないように思います。

しゃべらない心の声を聴こうという努力はあまり合理的ではありません。

心が日本語をしゃべっていると勘違いしている人は多いように思います。

その声を期待しているなら、迷走中なのかもしれません。


心の声が頻繁に聞こえるなら、それは良いことなのでしょうか。

私にはよいか悪いかは判断できません。

声の主によって変わるからです。


意識のことについて普段からお伝えしていますが、その意識を「聞きに行く」ことはあまりしません。

映像を耳で聞こうとし、音を目で見ようとしているようなものです。

いつまでたってもわからないのはその為です。


「私」を知ろうとしたとき、人によってアプローチが違う中、それをできるようになるまで早い人で一月以内、ゆっくりな人で一年以上かかります。

「私を見る」という表現をすると、視覚的な感性を使いますし、「心の声を聞く」というと聴覚的な感性を働かせます。

そういった人間的な発想を少し変えると、内側の世界がわかるようになります。

ヒントになったでしょうか。


言葉をうのみにするということはそういったことでもあります。

多くの勘違いがそこにひそんでいるのです。

その間違いに気づかないまま数十年過ぎてしまうことは珍しいことではありません。

ちょっとした工夫がそれを変えます。

しかし、一人ひとり違う為に、100人が100人理解できる言葉はなく、オーダーメイドの言葉が必要になるのです。

スポンサーサイト
2018/06/02 05:30 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1645-64b93a05
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム