FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

数年前までの私は、自分の考えや(感)情を元に行動や発言をしていたため、仕事や人間関係、生きる全般において失敗と挫折を繰り返してきました。

20代半ばから約15年間、宗教に在籍していたことがありました。
今の仕事をするまではヒーリングも学び、幸せや成功、不変の真理を求めていました。

でも実際は幸せになるどころか、仕事も長続きせず、人間関係もうまくいかず、苦しく貧しい負の連鎖の日々が何年も続いていました。

(もう目に見えない世界に求めるのはやめよう。自分の力で生きていこう)と決め、10年前に宗教と決別し、精神世界も一切封印してしまいました。

やっと自宅サロンを開業したものの、お金や未来への不安が付きまとい、仕事を休むことが出来ず、常にストレスを抱えていました。

思い通りにいかないと身内に当たりイライラして、キャンセルが続くとお金の心配をして、いつも疲れきっていました。

そのような生き方をしていたら5年前乳ガンになりました。
それまでは(長生きなんてしたくない。この世から去りたい)と考えていたのに、(まだ死にたくない。まだ死ねない)と私の本心が出てきました。

ガンは自分が作ったのだ。私が変わらないといけないと知った私は、一旦閉じていた精神世界に再び戻って、スピリチュアルの本を読み、様々なセミナーに参加して自分を変えようとしました。

二年ほど経過した頃、自分の内側を変えるつもりが、外側に何かを求め、特殊な能力を求め、特別な存在になりたい、と考えていたことに気づきました。

今まで勉強してきたこと、自分が善かれと思いやってきたことに違和感が出てきて、なんだかよくわからない、ゴチャゴチャしている私になってしまいました。

「何をやってるんだろう…しばらくコミュニティに参加するのはやめて1人でやろう」と考えていた矢先に、知人が差取り塾を教えてくれたのです。


差取り塾に入塾して、初めの数ヶ月は、私のどこを見ていいのかわかりませんでした。

私を見ても、考えばかり出てきて自分を責めたり、ダメだと自己卑下をしてみたり「ただ私を見るって難しい…」そう考えていました。

師匠の明人さんと塾生の皆さんは、そんな私と何度も何度も真剣に向き合って「私を観る」自覚を教えてくださいました。

わからない自分が悔しくて、塾生の皆さんに付いて行けなくて、何度も泣きました。

いつも美味しい食事を作ってくださるヤスミンさんは、縮こまって前に進めない私に「あきらめないでください」と叱咤激励してくれました。

どんなにダメダメな時も「自覚は続ける」「私を知りたい」という想いはあったので、辛いと感じていた時期は私と真剣に向き合う機会となり、私を見続けました。


私が私の思い込み(考え)に支配されていたこと。
今の性格(個性)は自ら作っていたこと。
無意識の考えや行動が、自覚によって意識されていきました。

私の考え癖は、何十年、それ以上思い込み続けてきたので、何度も何度も出てきます。
何度も何度も私を観る。私を知っていく。自覚は超シンプルで地道な作業です。


わからなくてもグループセッションに毎月参加して、明人さんや塾生の皆さんと寝食を共にする中で、何かを感じ取ろうとしていました。
私の中では、月に一度、山梨での生活は作務をするような尊い場となり、旅行のような楽しみとなっていきました。

このような生活を続けるうちに、意識の変化が少しずつ訪れてきました。

差取り塾で自覚と瞑想を学んで2年7ヶ月になりますが、一番変わったのは意識の変化です。

人間を超えた「そのまんまの私」を知ることができたのは、私にとって、とてもとても大きなことです。

はじめは「なんとなく」あったその「私」は、自覚と瞑想を続けていくうちに核心となり、「私」という神だと知りました。


私が探していたものは、パワースポットに行かなくても、特殊な超能力がなくても、神や天使に祈らなくても、私の中にあったのです。

日常生活を送りながら、自覚と瞑想を続けて、何重にも着込んだ甲冑を脱いで裸になったら、それは現れてきました。
ずっと以前から、私と共にあった自然な姿の「私」です。


その「私」を知り、「私」として生きる時間が長くなってきてからは死の恐怖も感じられなくなり、焦ることも少なくなって、仕事も生活も人間関係も、ずいぶん楽に自由になってきました。


大海原の荒波のようにとらえていた様々な現象は、自覚を続けるうちに小波となり、私に影響を与えることはないことを知りました。

不安や心配、悲しみや苦しみが遠くなり、良い・悪い気分に左右されることも少なくなったので、落ち着いて過ごす日が多くなっています。

いつも追われるようにバタバタしていた人格が入れ変わったように、今では縁側でお茶を飲むおばあちゃんのように穏やかです。
今回の生で何転生分もした感じがします。

「私」を観て、「私」を瞑想する。
「私」として活き、「私」を表現する。
出来ない時もありますが、チャレンジしています。

今はまだ「私」の入り口です。
これからも自覚を続けて活きますので、よろしくお願いします。



6月16日土曜13:00-15:00、
東京駅八重洲口にある会議室で、
差取り塾のお話会を開催する予定です。

一般7,000円です。
HPからお申込みください。
こちらです。
スポンサーサイト
2018/06/05 22:38 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1648-fd6b676e
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム