FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

理想について少し書いてみたいと思います。

理想というと理想像を描き、描いたそれを実現するために行動を起こすことが理想実現のために実行されることだと考えられるように思います。

そうして理想を実現する人の確率はそれほど高くありません。

多くの場合、理想像を描いている時点で、実現できない意識状態にあります。

理想を現実にできる意識状態は、理想を描く過程を冷静に見ることで分かるようになります。


この様に書くととても難しく、面倒くさく感じるかもしれません。

文章で分かるように書こうとするととても複雑になってしまいますが、実際にする努力はシンプルで簡単です。


さて、話は理想実現から離れていくかもしれません。

理想を描く意識状態は多くの場合、思考主体で行われます。

思考主体で描かれる理想は、エゴが多く入った理想になります。

その状態を良しとしない意識があります。

それが潜在意識です。


潜在意識との葛藤がそこで起こり始めます。

葛藤があるうちは理想が現実になる事を妨げる力が常に働きます。

その状態を続けながら理想を現実とすることが簡単ではない事は誰でも想像がつくと思います。


あなたが潜在的に思い描いている理想は魔法をかけたように叶う方向に進みます。

しかし、それは魔法でも何でもありません。

葛藤が起こらないからこそ、スムースに進んでいきます。


魔法のようにと書いたのは、普段、葛藤の中で生きている人にとって物事の進み方が経験的にしみついています。

今までの当たり前の状態で物事が進むのではなく、葛藤がないスムースな状態で進む事は今までの思考を超えた経験になります。

それを魔法のようなと良く表現されているように思います。


意識の成長が進んだ人にとって、それは魔法でも、不思議でもなく、ごく当たり前に捉える事を知ってほしいと思います。

大人が子供にマジックを見せた時、子供は目を丸くして驚くことがあります。

それと全く同じ状態です。


多くの人が描く理想は今より背伸びした理想になります。

理想に向かって努力することが素晴らしい事だと教えられることが一般的です。
そこで大きく二つに分かれると思います。


理想を実現するために必要と考えることを一つ一つしていく人。

ただ、理想を思い描いている人。


前者の人が努力を惜しまず、理想を現実的にしていく可能性がある人ですが、葛藤をつくらない方法を採用するとで現実とする可能性を飛躍的にアップさせます。

同じ努力でも結果が全く違う時があります。

多くの場合、潜在的な葛藤が大きく作用しています。

そこに着目して努力するなら、理想の実現はだいぶスムースになっていくのです。

スポンサーサイト
2018/09/16 10:07 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1701-3db2a868
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム