FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

この国の政治を行っている人たちを見て感じることは、この国は今から10年くらいさらに国民を苦しめる方向に向かっていく事が確定している事ようです。

政治の手腕や、政策で行っているのではありません。

それらを議論して良くなるように努力する事は根本的な解決にはなりません。


犯罪めいたことをしても総理大臣ならとぼけて逃れられるこの国を冷静に見ることです。


それは原因から考えて当然の結果です。

そしてそれを自分を犠牲にしてまで守ろうとする周囲の人たちも、そうするのは当然の結果でしかありません。

それを糾弾する事で変えようとする事は、原因を分かっていない証拠でもあります。

この国を憂いて非難したところで、何も変わりません。

監視したとしても変わりません。

見えないところで本意は実行されるからです。

見えるところを何とかしようとすることに夢中になるなら、見えないところでやりたい放題になります。


これは、推測ではなく事実です。

ただ、それを見れば分かる事です。


今の総理大臣を見れば日本の政府がどうなのか分かります。

そして、その政府がどのような政策を行っていくのかも大筋で分かります。

大筋が分かれば10年後も分かります。

多くの国民は苦しくなる傾向にあります。


私は国民という言葉は好きではありません。

国の奴隷のように感じるからです。


私は日本人として、さらに人として生きたい。

政策がどうであろうと、私が変わる事はありません。

そういったことが分かるまでは幼い総理大臣やその取り巻きに反感を持っていたと思います。


この国の奴隷は、一生懸命主張して自分たちの利益を確保する努力をするべきです。

自分たちの利益が確保できれば満足できるならそれが最も良い方法だと感じるのではないでしょうか。


私自身、それについて何もしないわけではありません。

最も、合理的な手段とは何か、今の最善を実行しています。

政治家の意識が幼いから、幼い総理が生まれます。

幼い総理は、海外からもそういった扱いを受けます。


しかし、日本国民はそれに気づけない人が多いように思えます。


意識が大人なら、このようにはなりません。



今大切なことは、理解です。

意識が子供でも総理大臣になれるという事実。

どんな肩書も、意識の成熟度は関係ないという事。

日本の政治を動かしている人たちの意識は子供のままであるという事。

そういった事実を認識できればこの国の未来は簡単に予測できます。


会社単位でもそうです。

一つのコミュニティーを形成した時、大切なのはどんなことをやるかではありません。

その議論に惑わされて今の世の中が混迷しています。


世の中の意識が進化すればするど、意識の成長度が大切にされていくようになります。

その様な世の中は議論が起こらなくなってきます。争いは全くなくなっていきます。

なぜそのようになるかはまたいつかお話します。

今はそういった事に目を向ける人はマイノリティーになってしまう世の中です。


10年後苦しんでいるかいないかは、政治のせいではありません。

区別がつかない奴隷状態なら確実に(政治のせいで)苦しんでいます。

それを脱した人がそこから自由でいられます。

これは魔法ではなく、どのような思考をし、どのような行動をするかというお話です。

政治家や官僚がこういった勉強をしてくだされば世の中は大きく変わっていくのですが・・・


頭がいい事と、意識の成熟度は全く関係ありません。

頭が良くて意識が子供なら、悪知恵で暗躍できます。

こういった人に苦しめられた経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

今の世の中はそういった人の天下でもあります。

何故ならそれを見抜く目がないからです。

皆さんが見抜ける観点を持っていて、そういった事をあてにしなければ世の中は変わらざるを得ません。

争いなど必要ないのです。


ではどうするか?

その答えを実行づ続けています。

時間はかかりますが最も確実で効果を発揮する事です。

何か少しでも感じた方は学びの準備ができている方であり、世の中を好転させるポテンシャルを備えています。

スポンサーサイト
2018/09/20 19:47 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1704-e11b39c9
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム