FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

議論が起こる時、その議論がどういった議論なのか知って議論している人はそれ程いません。

議論とは、個人的、集団的な都合により行われる、利益の確保を目的とした話し合いであり、奪い合いという表現をしてもそれほど違和感はありません。

自分の存在感を議論により示すそうとする人もいれば、自分の感情に折り合いをつけようとするような人もいます。

話し合いの中で、議論がない話し合いも経験された方は沢山いらっしゃると思います。

その時何が起こっていたか、誰にでも感じる機会があります。

ぶつかり合いがない中でどんなことが決定されるのか。

上下関係なく、一致していく結論とは何なのか。

その結論は、どのような意識状態(心持ち)がつくりだすのか。

生きていればそういった機会もたまに、稀にあります。


私は普段議論はしません。

主張をぶつけ合う事がいかに愚かなことか知ったからです。

主張に隠れたものは誰でも知っているはずです。
誰でもそういった主張をしたことがあるからです。
自分で行った主張を分析すればその成分を感じる事も出来ます。


こう書くと、議論から逃げる事しか思いつかないかもしれません。

偉そうなこと言って、逃げているだけだ・・・・

そんな意見も聞こえてきそうです。


議論に加わらないで収束させる事も、差取り塾でお伝えしている事に含まれます。

ここに書いてもそれができるようにはなりません。

書けば簡単にそういう事かと分かります。

しかし、できるようになることとは違います。

「そういうことか」でできないまま理解されたら、それはその人のできる機会を奪った事になります。


そういったギャップの中で生きる事が、差を広げていく事です。

その差を取るのが差取り塾でもあります。

外に書かない理由は書いてその気にさせることが、誠実ではないと考えるからです。

その気にならせてくれるところは沢山あります。

その気になりたい方はそちらで満足できるのではないでしょうか。

数々のセミナーも受ければその気になれます。

そして、それを実際モノにできる人は2割もいません。

実行としようとする人が2割程度でしょうか。

私はできるようになってもらう事こそが大切だと考えています。

ですから、差取り塾にいらっしゃる方々は必ずできる方向に進んでいます。

実質的にできるようになることは大切なことではないでしょうか。

しかし、なんとなくできる気になって安心するのは人間の弱い部分がそうさせます。


議論も弱い部分が作用しているからヒートアップしていき、意見が平行線をたどる事も珍しくありません。

そうなる理由も明らかですから、分かろうと思えばだれにでも分かります。

分かり得ることを確実にわかっていく姿勢が大切であり、なんでも切り開いていく力になります。

その姿勢も議論から自由な観点から議論を収束させる力になります。


議論に加わらないで議論を収束させていく事は、争いから自由な状態です。

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、練習すればだれにでもできるようになっていきます。


多くの人ができるようになると世の中は大きく変わります。
スポンサーサイト
2018/09/21 20:41 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1705-58277569
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム