FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

私はたまに本を広げてみます。(ほとんど本は読みません)

先日、白隠禅師の事を知りたくなって、そういった本を読んでみましたが、本の中身は著者の考えが95パーセント以上で、白隠禅師の事はほとんどかかれていませんでした。

結局、考えの主張が書かれているところを殆ど飛ばしながら、まだ全部読んではいません。

読んだところまでしか分かりませんが、白隠禅師の師匠である恵端は白隠禅師が理屈を披露していた時、厳しい表情をしてそれを聞いた恵端は禅師の事を「穴倉坊主」とののしったそうです。


たまに禅などの解説本を読むと著者の考えの主張を読む羽目になって全部読むことができません。

理屈を勉強するという事は、主張を生み出します。

ただそうであることを読みたいし、聞きたいのですが、人間の作ったお話は必ず本人の規定が紛れ込んできます。

その規定が多ければ多いほど、現象をありのままに見る事から遠ざかっていきます。

物事を緻密に考えると、複雑で難しくなるようです。

その様にできた考えが哲学。


・・・・このブログも難しく感じるでしょうか・・・・・

文章で不特定多数の人に向けて書くことはそれだけで難しくなってしまう原因です。

(必然的にそうなるのです)

普段私がブログの文章のようにお話しているかというと全く違います。

動画を見ていただければ、伝わるかもしれません。


さて、足が悪くないかぎり、一歩前に出ることは簡単です。

しかし、それを哲学してしまうと。。。。

とても難しくなります。


あなたはその仕組みを理解しないと、一歩踏み出せないと考えるでしょうか。

答えは「ノー」ですね?

「ノー」と答える方に限ってお話を続けます(笑)


「悟り」というものがあります。

一歩踏み出すのと全く同じとは言いませんが、私からするとほぼ同じです。

それを哲学して、一生懸命勉強するから、進めなくなります。

できない事をできるようにしようとする時も一緒です。

一生懸命できるようになる勉強をする人と、ただやってみてできてしまう人がいます。

能力に差があるわけではないのです。

個性がそうさせます。


私がお伝えする時、一歩踏み出すにはどうしたらいいかというお話はありません。

一歩出ればいいというお話もしません。

気が付いたら一歩前に出ていたという伝え方をします。

その伝え方自体は緻密に計算されているのですが、計算の内容を踏み出していた人が知らなければいけないわけではありません。

それを知りたい人には後からお伝えします。

その時は既にできた後ですから、頭での理解も容易な状態です。

できる前に頭で理解するという事はどういう事なのか伝わったでしょうか。


一歩踏み出す。

たったこれだけなのに、それを考えたらできなくなるのです。

これは誰にでも分かる事だと思います。


一人でやるという事は、一歩前に出ることを考えがちになってしまい、それに10年20年費やすことも珍しいことではありません。

それが良いか悪いかはかは個人的な価値観によって変わります。

難しいという規定をすれば、難しくクリアしなければいけません。

その逆で、簡単だと思えば・・・・簡単にはなりません。

思い込んでもできない時はできません。


私が考える最も合理的な方法は、自分が知っている事を活かし、広げていく事です。

そして、一生懸命やる事。

簡単ですね。

簡単だと思った人はその様にやってみてください。

99パーセント以上の人はできません。

「自分が知っている事を活かす」という事について考え始めるからです。

それでも1パーセント以下ですが確率はあります。

できてしまう人もいるはずです。


もう一度戻って・・・・

これは能力の差ではありません。

個性の問題です。

ですから、分かればだれでもできます。

考え始めることで一歩がでないのですから。


追伸:このブログが個人の主張かそうでないか区別がつく方、または違いがわずかにでも感じられる方。そういった方は気づき始めている人です。どうかそれを埋もれさせないで、花開かせてください。「私」からのお願いです。

スポンサーサイト
2018/09/28 01:12 差取り TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1710-1cda017b
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム