FC2ブログ
特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

わたしは入塾してから
毎日の過ごしている時間が楽になったという実感があります。
1年前に家族について書きましたが
今回はこの「楽になる」についてです。

今までの私は、
例えば仕事を終えて会社を出たあとも
家で晩ご飯を食べながら
仕事のトラブルを思い出して嫌な気分になり
明日また苦手な上司と会話をしないといけない事を想像してうんざりしていました。

頭の中で過去に起こった事を再現して
それに対して不快な感情を、
その都度、その場で作っていたのです。
自分に過剰な暴言を吐く上司を頭の中で再現し
上司に対して批判し
そうすることで自分が悪くないことを納得しようとしていました。

そんな事が自分の気が付かない間に瞬時に起こり
あっという間に想像に埋没して時間が過ぎる。
その埋没から逃げる為に、
TVを見たり、好きな本を読んだりして
自分の思考が会社以外の事で動くように今度は楽しい事に埋没する。
思考や感情を動かして何かを作り出してそれに浸る・・・
どちらも同じことをしている訳ですが(笑)

自覚では、自分の中でそのような動きに気が付き
その動きをあるようにしている「私」を見ます。

そうすると、
嫌な思考や感情にも、楽しいものにも
どちらにも足を踏み入れる必要はなくなりますね。
わたしは、なくなりました。

思考を止めようとしているのではないのです。
仕事の事を考えないようにしているのではないのです。
考え始めることは今でもあります。
それを止めようとする事もあります。
その時は「思考を止めようとしている事」に気が付き、
そうしようとしていることをそのまま見ています。

これはノウハウではなく、
自覚の結果、起こった事を書いています。
ここに書かれていることを読んで、
同じように仕事のストレスに対処しようとあなたが思われたなら、
今、そうしようとしていることに気が付いてください。


自分が変わるという変化は面白いです。
色々なことがよく見えてきます。
自分の外のことも、中のことも
スローモーションのように、
少し速度が下がったように感じる事があります。

人の表情の変化がよく見えることもありますし
ただ相手はそうしたくてそう振る舞っているのを
それを見て自分がそれに意味づけをしようとしている様や、
その付けた意味を土台にして
自分の思考の連鎖が始まっていることに対する理解が起こります。

理解と書きましたが
それは例えていうなら
かけている眼鏡のレンズの精度が上がるという感じです。
白いシーツをみてお化けだとビクビクしていたら
眼鏡が曇っていてぼやけて見えていただけで
レンズを拭いたらシーツだと分かる。

目の前にある白い布に対する理解が起こるときには
そこに段階的な思考の介在はなく
何かを探そうとする掘り下げもなく
それは、
ハッキリと見え、ただ知ったということです。

曇った眼鏡をかけて歩くよりも
曇りのないレンズの眼鏡をかけた方が
心持ちははるかに楽です。
そしてわたしはもっとハッキリと知りたいと思っています。
人から聞いた知識ではなく
実感として自分の目で見てもっと知りたいと思っています。

わたしは心の安定と静けさを得たいと模索して
自分の外が変わることを望んでいました。
そして差取り塾で自覚し
ただその場で静かに自分のレンズをぬぐうことで
いつの間にか望んでいたようになり
そしてそれは、わたしが模索していた時に想像していたものとは違いました。
違いましたが、私の中に答えはあったのです。

私の場合は入塾当初の動機は心の平安を得る事でしたが
もし、それ以外の事でも
何かを模索して探している方がいらっしゃるなら
何かぼやけてはっきりしないと感じている方がいらっしゃるなら
ここに来て、
あなた自身の中に答えがあることを知って頂きたいと思います。
あなた自身に経験して頂きたいと思います。

無料のグループセッション開催中です。
次回は11月16日の21時〜23時です。
(毎月第3金曜日開催)

ご参加をお待ちしています^^

お問い合わせはこちら
http://satorijuku.com/application/

スポンサーサイト
2018/10/26 22:12 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1726-0d99ab9d
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム