そのまま「観る」という科学
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

何度かお伝えしている事ですが、私は表現において得意ではありません。

何かをうまく話すという事もとても苦手です。

そういった認識がありながら、あまりそれについて努力していないようにも思います。


気軽にとらえてくださればよいのですが、私がとても強く祈っている事があります。

それは

私がいい加減なことを伝えるなら、殺してほしい



それこそ、八百万の神にお願いしているわけです。


差取り塾に来られる方は、自分が好きなように進まれると良いと思います。

一生懸命を強要することはそれこそ私が殺されます(笑)

面白く進んでいく事。

これも大切な事です。

面白いといっても、楽しいとは違います。

皆さん沢山笑いますが、おかしいから笑うのではなく、面白いから笑います。

面白いという事を面白くしていくなら、笑いという一つの行為も笑いで括ってはいけない事も理解することになります。


私は他の人をディスることはありませんが、違うものは違うという事はよくあります。

しかし、このブログにはなるべく書かないようにしています。


違うものを違うという事と悪口の区別がつかない方が読むなら、誤解を招きます。


悟りにおいて、メディアやネットで目に付く方がのお話は間違えだらけです。

ですから、それについて書き始めたらきりがありません。


違う見方をするなら、まだその段階に至っていないという事でもあります。

差取り塾で伝えている事はおそらく一つ、もしくは二つ次元が上がった時に皆さんに受け入れられていくような事のように思います。

それを今からやろうとする人は、それなりの人です。

スピリチュアルで言われている事は起こっている事は起こっています。

しかし、向き合い方に問題があるのです。

また、現象を気にしているといつの間にか向き合い方が悪い方向に行ってしまいます。


そういったことから、差取り塾で自覚をしている方々は最初自覚だけするようにお勧めしています。

深さが増してきた時、現象を上手に扱えるようになります。

ですから、能力が高い方が自覚をするなら、さらに高みに到達する事にもなります。


どんなことでも同じことですが、初心者の時から二つの事を同時にやることは良い結果に繋がりにくいことは多くの人に当てはまることではないでしょうか。

最初にも書いたように私は表現が上手ではありません。

キャッチーな事も私が死ぬので言いません。

そんな風にしていますが、その辺の適当な人に殺されることも悪くないと思っています。

その時はその時です。

その方が面白くないですか?

というよりもどんな人にも真正面から本気で向き合います。

それが面白い・・・・というより、そのようにしないと私が死んでいるからです。


その結果理解が浅い人にはほぼ嫌われます。

これはこれで良い事でもあ悪いことでもありません。

変えることはいつでもできます。

長々書いてきましたが、お伝えしている事が広く受け入れられる世の中は今ではりません。

しかし、必ず必要になります。

これから伝えようとしている事をどう伝えようかいつも思案します。

・・・

・・・

次の世界につながる穴をぶち開けました。

これの判断は皆さんに委ねます。


スピーカーであるプロの皆さん。このことを伝えてみませんか。

差取り塾では守秘義務を大切にしていますから、プライベートなレッスンも誰にも知られずに行えます。
2019/09/06 14:41 明人の独り言 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/1977-af6b541c
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム