そのまま「観る」という科学
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

タイトルで全てですが、これが理であり、いずれ落ち着くところです。

私がお伝えする情報リテラシーとは、大きな流れを知るという事です。

大きな流れという括りをどこでするかによって、運命は分かれていきます。

私が言う大きな流れは、現象的に観測できないところです。

悟りとはそこを常に知っている事でもあり、大きな流れにあらがわず結果的に楽に向かって生きる事でもあります。

人間が思考して行う事は必ずと言っていいほど大きな流れに逆らうもしくは流れから外れることになります。

なぜなら、理を知らない事から理を無視した思考をするからです。


充実感は困難あってこその充実感です。

充実感を求める時点で理から離れた思考が始まるのです。

力技で成し遂げた時、人間は麻薬を得ます。

それを求めているうちは麻薬中毒者でしかないのです。


世の中の殆どの人間は麻薬中毒患者と言えるのかもしれません。

麻薬中毒を卒業した人間が次に行う事は麻薬中毒患者で商売をすることです。

それも人間の行いであり理から離れた生き方です。


そういった力はいずれ衰退していくことになるのです。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/2055-784fc380
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム