そのまま「観る」という科学
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

付け焼刃では歯が立たない現象が起きるまで、人間が付け焼刃で勝負しているという事に気付くことはできないようです。

今回の現象は付け焼刃が壊れるまで混乱が大きくなっていくでしょう。

既に大変な思いをされている方々もいらっしゃいますが、こういったときにこそ超えられる自分自身の壁があります。

ですからどんなことがあってもあきらめないでください。


付け焼刃が取れた後、本当の鍛錬ができるようになります。


その鍛錬はどうすればよいのかこのブログに書き続けてきた事です。


私は思い込みや知識で自覚をお伝えしているわけではありません。

ただ、そうなっている事をそうなっているように伝えているだけですから、何も恐れる事はありません。


しかし、多くの人間はそうなっているという事を観たまま伝えても、それに向き合う事はありません。


まさに裸の王様なのです。

そこに忖度という事が起こり、事実がねじ曲がっていくのです。


今の総理大臣は裸の王様でしょうか。

ある部分ではそうでしょうし、またある部分ではそうではないようです。


既に、やりたくてもやれない事にがんじがらめになっていて、ある意図に沿ってしか動けなくなってきているように見えます。

ある意図とは、悪意ではなく必要な混乱を起こすために動かされているというところでしょうか。


しかし、もとをただせば人間がつくった隙がこの混乱を招いていますし、人間がアンバランスに積み上げたものがぐらついているという事でもあります。


アンバランスに積み上げたものがぐらついて混乱を招く事は起こる前から解っていた事なのではないでしょうか。

それが崩れた時、目が覚める人がどれ程いらっしゃるでしょうか。

その時初めて情報リテラシーの大切さに気付くようなります。


ここで続けてていらっしゃる方は誰も混乱をしていません。

しかし、その方々もある程度この混乱に付き合う事になります。

その時、大きく進化を発揮する事になりますし、今でもその兆候は見られます。


私たちは大丈夫

と言っている人たちが本当に困るまでますます混乱は大きくなっていくように思います。

思い込みでつくられた余裕が壊されていく事もまた肯定的な現象です。


ここで一つ、

困るという事を自覚してみましょう。

そうしてみることで困るという事から自由になり、しっかし向き合えてよく見えるようになります。

2020/04/06 05:04 差取り TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/2083-298f8ecc
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム