そのまま「観る」という科学
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

コロナウイルスについての動画についていたコメントに「至極真っ当」という言葉を見たのでそれにつて思ったことを書いてみたいと思います。

その時の至極真っ当という言葉から感じる感覚は

攻撃性です。

至極真っ当なことを言っているのだから、批判に会うのは当たり前、批判することが当たり前・・・・・

人間が考える至極真っ当な事は殆どが現代社会から影響を受けた考えです。


人が死ぬ事を悲しむ

それは人間の捉え方です。

人間がコロナウイルスで死ぬことを肯定する事を批判するのは至極真っ当な反応・・・・・

という事になるでしょうか。


死を肯定するという事はとても危険をはらんでいるように思います。

しかし、否定か肯定かで考えているなら「肯定」について否定的に感じるのも無理はないかもしれません。

そして、その観念の中でしか考えられていないという表れでもあります。


否定が無いとき「肯定」とは向き合って起こっている事を知り、起こっている事を起こっているように認めている事です。

それをわからないでその事について議論しても、話のレイヤーが違いすぎて話がまとまる事はありません


至極真っ当という、自分の観念の中にしかないものを、不特定多数の人間に適応している時点で、視野の狭さを露呈しているという事です。


多くの人間が主張している時、至極真っ当だと考えている事を主張します。

そういったケースばかりではありませんが・・・・・


正義感が強い人間ほど、主張に熱がこもります。

正義感が強いという事は、良い事でしょうか。

そうではないと考える人も沢山いらっしゃるように思います。



話は変わって、人間を危機に落とし込む存在は悪でしょうか。

あなたを窮地に追いやる存在は否定的な存在でしょうか。

この質問を自分自身に投げかけた時、どのような動きが起こるでしょうか。

それがあなたが今知っている境地を表しています。

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/2087-d7a3c6e7
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム