そのまま「観る」という科学
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
社会の中で地に足をつけて活きるという事を突き詰めると、思考を超えた合理性を帯びるようになります。

人間は自分の捉え方に捕えられています。

何気ない事のように感じるかもしれませんが、それが自分自身を奴隷化して牢獄い閉じ込めている原因の一つだという事に気付くことが大切です。

これに気付くなら人生を大きく変えるきっかけが近未来に起こる事になります。

そして、何にも縛られない自由で楽に生きていくことになるのです。



人間は発し方について勉強しようとする方は多くいますが捉え方を勉強しようとすることはあまりないのかもしれません。

捉えるといっても・・・・・・(すでに多くの方が個人的な捉え方をしています)

管会えて自分意見にまとめるという事は、個人的な思考パターンにのせたのであり、思考停止を起こしています。

この辺は難しいかもしれませんが、人生を大きく広げていくうえでとても大切な出発点のお話です。

なるべくわかりやすく書きますが、何度か読み返すつもりで理解を深めてください。



考えているのになぜ思考停止なのか?

思考停止とは、情報を取り入れるという事をやめる事であり、そのまま見るという事をやめるという事でもあります。

人間は見ればわかる事を見ないで妄想に入ります。

これがまさに思考停止の状態です。


思考が止まるわけではないのです。


一般的に使われる思考停止も定義するならこのような使われ方になっている場合が多いように思います。

この部分はとても大切で、考えが止まるという漠然とした定義自体が思考停止です。



私は人間がいいように考え始めたとき、その人の考える範囲を読み取ります。

相手を分析しているのではなく、相手が見せてるから見えるのです。

いいように考えている時=思考停止している時、人間は自ら個人的な思考の枠の中に囚われた状態にします。

その枠の大きさが問題ではありません。


俗に頭の良い人はその枠が人より大きいという程度の話でしかないのです。


枠の大きさで勝負していた時代は過渡期を迎えています。

YouTubeなどでで注目を集めている動画を見るとそういった傾向にあり、モノを知っている人に情報を持てめている人間が集まっています。


思考の枠を広げるという事は、人間にとって良い事としか感じないように思います。

しかし、それを覆される現象はたまに起こり、近年は度々起こるようになってきています。


思考の枠を思考では外せません。

外そうとした瞬間思考の枠にはまるからです。


今まではそれを思考で外すとこができませんでした。

それでも思考を使って何とかしようとする人間たちは、悟りの講義をとおして悟りを知ろうとするだけでなく悟ろうとしている。

まさにそれが思考停止の状態であり、集団、もしくは人間全体で同じような事が起こっています。

悟りに限ったことではないのです。


書いている時間が無くなってきてしまいましたが、私は考えて書いているわけではありません。

かといって、何かに聞いて書いているわけでもありません。

思考停止は、いつも起こっていて、自分の思いたいように(パターンに従って)考えてしまっている状態です。

思考停止を起こさない人との会話はスムースです。

なぜなら補足説明が要らないからです。


独学でやっている時、何が起こっているか・・・・

これを読んだ今、想像がついやすいと思います。


私がどんなことを書いても、その個人のいいように解釈されているということは昔から解っています。

いいように解釈するという事に、逃げの要素が強くなってくると正当化になっていきます。

人間は年齢(経験)を重ねれば重ねるほど、自分のいいように考えるという傾向が強くなっていきます。


しかし、思考の枠を取り去った時、取れた時、そういった現象が無効化されます。


それを悟りと言っている人間がいるかもしれません。

しかしそれは思考の枠にとらわれた人間が(自分にとって)いいように考えた悟りです。


本当の悟りを知ったら恥ずかしくなると思いますが、残念がながらそれを知る人間がいないなら言ったもの勝ちになってしまうのです。

その代償を払う事になるのは必然なのですが・・・・・・


最も大切で、誰にでもできる事


それは人間がいいように考えている


という事を知って生きる事です。



自分がいいように、自分のパターンで考えている

ということ

それを知って生きるだけでも思考の枠は広がっていきます。

その枠を広げてい生きるのか、

その枠を取り払うのか

それも、個人のいいように考えてもらうということであり、それを尊重しているのです。


いいように考えるという事は悪いことではありません。

ただ、そうしている事で、そうしている事の必然が現れていくだけです。




もう一度、

今すぐ誰にでもできる事

自分のいいように考えている

という事を

意識してみる。


いいように考えているだ

と決めつけないで、

いいように考えている

という事が起こった時、それを意識する。


とても大切なことであり、何かしようとするのではなく、何が起こっているのか知るという身近な実践でもあります。

これを本気でやるなら、これだけでも大きく変わっていきます。

一過性の練習ではなく、人生にこれを取り入れてみてください。

必ず人生は好転していくはずですから。

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/2123-3da255b1
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム