特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

以前に書いた記事についての続きになります。

人のせいにしていることに気づき、しっかり失敗(成功)の原因が理解できるようになると、ジレンマが発生します。

それはその考えが本人を苦しめる結果になり得るということです。

多くの人が人のせいにしている場合、責任の所在がその人に回されやすくなることです。

たとえば

数人である事が失敗した場合

失敗の理由は自分にもあると言ったとします。

それは人のせいにしようとしている人にとっては格好の標的になります。

そうしないためには正しく分析できる能力が必要になります。そして、相手にしっかり伝える能力も必要になります。

それが不十分なとき、自己嫌悪に陥る可能性がありますし、立場を悪くする可能性があります。

もちろん正しい考え方の人ばかりの場合はその心配は無用ですが


参考 ブログ内紹介動画多様性と自己 多様性の問題にどう対処するか 発達心理学の視点から


今のところ、そこまでのスキルを身につけないと自分を成長させるためには苦い思いも伴うことが多いでしょう。

会社で出世するためには、いかに自分の責任の所在をごまかすか・・・上手な人がいるかもしれません

それは会社の上部もしっかりその辺が解っていないために起こります。

結局それらが上手な人がうまくやっているという事実もありますが、あなたの周りはどうでしょう?


しかし安心してください。しっかり判断できる人は結構いますし、トップの人間はそれをしっかり解っていないとトップにはなれません。

そう考えると、何でも人のせいにする人は、信用を得られませんし、トップにいくことはまずできないでしょう。

最近感じることですが、どうも、真実が白日の下にさらされることが多くなってきたように思います。

ウィキリースクス、検察のでっち上げ事件、名古屋・愛知の首長選挙、ごく一部のマスコミ報道・インターネット

かなりあげることができます。

意識の変革も進んでいると私は感じています。

これらのことから、(優劣を言うのはあまり好きではありませんが)人のせいにしてうまくいく事がはばかるのは社会的なレベル、意識的なレベルから言えば下の方になるようです。

ですから多くの人に気づいて頂き、上のレベルで社会が構成されることを願います。

それでは~(^^)/


その中であなた自身どのように振る舞うでしょうか?

スポンサーサイト
2011/02/16 19:19 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/255-d504f382
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム