特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

私の身近なところで感じていることですが・・・・

驕っている状態は思考停止の状態だと感じています。

それは驕りの意味

おごり【驕り/傲り】
いい気になること。思い上がり。「言葉の端々に―がみえる」

おごり‐たかぶ・る【驕り高ぶる/傲り高ぶる】
[動ラ五(四)]他人をあなどり、思い上がった態度をとる。「―・って無茶な命令を下す」


からもわかるように、あくまでも本人の意識の中に起こるもので、外的な要因でないことは理解できると思います。
あくまで本人の心(思考)の状態なわけです。

そのおごりにより他者もしくは環境などの身の回りから学ぶことが極端に少なくなるわけですが、本人はなんでも知っているつもりになっているようなので、学ぶ姿勢も有りませんし、むしろ自分の思考にないことは拒絶もしくは怒りなどを表す結果になるようです。

ですから、受動的に学ぶ機会は減るいっぽうになっていくことが多くなります。

しかし、学ぶ機会は万人に平等に与えられています。普段の生活の中にも沢山ちりばめられています。その機械をいかに多くの人が無駄にしているか・・・・

私も正直人の事は言えません。

しかし、自分の置かれている環境や事象を真摯に理解することや、その場を建設的にとらえ進んでいく対応こそ驕りの逆で、後に幸せに繋がると私は考えています。

その状況において一番大切なことをしっかり行えること、これは驕りがある人には行えませんし、そこから失敗に繋がってもなにも残らないことでしょう。せいぜい人のせいにして、自分を安心させようとするくらいです。

私たちは、みんな特別な存在で、みんな当たり前の存在と私は考えています。するととても楽に生きていけることに気付きました。
どんな人も特別でありたい・・・しかし、みんなそう思っているようです。そこをうまく昇華(消化)すると、幸福感に包まれた生活が送れると考えていますし、実際私はそうです。

正直いやなことも結構ありますよ^^;;;;しかし、本当に嫌なことがあった時は今までもらった愛が発動し、助けてくれているようです。

話はそれましたが、「驕る平家は久しからず」

人間なんかしらの驕りを持っていると感じます。ですからすべてに人と言っていいほど「驕る平家は久しからず」なのです。

あなたの驕りを見つめてみてください。そこからの学びはきっと大きなものとなるでしょう。

しかし、驕りを反省しないでくださいね。

反省をしてはいけない理由はまた後日^^

では~(^O^)/

↓↓↓↓↓↓↓↓↓何もおごれませんがこちらもお願いします。
スポンサーサイト
2011/12/04 19:05 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/515-9ca34c85
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム