特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

反省はしないほうがいいといっても、自分をあらためないということではありませんので、期待してきた方ごめんなさい。

反省という言葉を聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか?

私はネガティブなイメージがわきます。

大体

悔い改めること・行動を顧みて、自分を責めることなどを思い浮かべるのではないでしょうか?

このような反省は自分の心を委縮させるだけで、将来の自分にとってマイナスの結果を呼ぶと考えています。

実際WIKIで調べてみますと

反省(はんせい、英: reflection)とは、一般的には自分がしてきた行動や発言に関して振り返り、それについて何らかの評価を下すこと[1]、あるいは自分の行動や言動の良くなかった点を意識しそれを改めようと心がけること[2]。あるいは自己の心理状態を振り返り意識されたものにすること。

と客観的に行うことが反省のようです。評価という主観的な部分が入っていることはちょっと納得できないところではありますが・・・

私が反省はしないほうがいいと思うのは上に書いたネガティブなイメージの反省についてですが、じゃーどーやるんだという話になると思います。

私が行っていることは、そこに起こった真実・事柄を見つめること。これでいいと考えています。まーネガティブな気分になってしまうことも結構あるんですけどね、、、^^;;;感情は必要ないわけです。

結果が失敗であったなら、それについてこれから行わなければいい・・・簡単に言うとそれだけです。自分を責める必要は全くないし、責めたからと言って結果が変わるわけではありません。
もっといえば自分を責めた結果、同じ場面に出くわした時、ネガティブなイメージがわいてくるわけです。それはあなたが望んでいることではないはずです。

しかし、本当に反省しない人、反省しても何度も同じことをする人もいます。その人たちは大いに反省してくれ~と言いたい気分になりますが、、、

客観的に判断というのも正直怪しいものです。客観的判断とはどこから出てくるものなのか?考えてみればすぐにわかることですが、その人の想念であり、人により、環境にいより大いに変化します。ですから私は客観的も主観的も大きく見ると同じに思っています。

人間が考えることはすべて思考や想念から発せられるものであり、絶対的な判断というのはできないと考えています。その判断ができるのは神様くらいのものでしょうか・・・

ですから人はみんな凡人である・・・と考えるk2です。

いつものように横道にそれましたが、反省は自分を責めることに繋がりやすいです。自分を責めてもいい事はありません。だから、しっかり見つめてやるだけで、今まで見えなかったものも見えてくるでしょう。
感情に振り回されているとろくなことがありません。だからネガティブな反省はしない。ということです^^

それでは~(^O^)/

↓↓↓↓↓↓↓反省してネガティブな気持ちになったことがある人は押してください^^
スポンサーサイト
2011/12/05 19:36 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/516-4eaaecbb
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム