特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

私の子供のころを思い出したので書いてみたいと思います。

私の父は他に大勢の子供がいると、その子供たちを巻き込んで遊んでくれました。

今から考えますと、私は子供ながらにそれを見てほほえましく(笑)感じていたのを覚えています。

そのことは私にとってとても大きく作用していると今は感じます。自分の父親が他の子供と遊んでいるのを見ても、喜ばしく思うのは親からのが十分であったからだと今は確信しています。

それを見てほほえましく思う子供も少し変っているのかもしれませんが・・・

私の父親はかなり厳しい親でしたが、子供の私にとって十分愛が足りていたのでしょう。

とても感謝しています。

このことをなぜ思い出したかと言いますと、私が子供を幼稚園に迎えに行った時、同じことをしていたからです^^

そのことで、帰るのがかなり遅くなってしまったのですが・・・^^;;;;

子供に愛が足りていても、不足しても子供は育ちます。

しかし、成長段階で大きな違いがでることはみなさんわかるはずです。

子育てには親の意思は関係ありません。子供の意思を尊重し、どうしたら子供がよく生きることができるようになるか?

そのことだけを考え子育てをするべきだと私は考えています。

私が唯一自慢できることは、子供を感情的におこったことは今まで一度もないことです。何度か頭にきたことはありますが、その時は3秒おいてから叱るようにしました。

このことは以前の記事

子供を育てる責任感

子供をしかる

の中でも少し共通することを書いていますのでご覧ください。

では~(^O^)/
スポンサーサイト
2012/01/07 22:48 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/533-92252512
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム