特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

私はよく、このブログで子育ての事を書いていますが、実際の結果は子供が出すので、それを受け止めていくしかありません。
ここで、少しうれしいことがありましたので、報告がてら書いてみたいと思います。

今まで、歯磨きと言えば、まだ背が低い子供は手助けしないと歯ブラシや、カップを取ることができませんでした。

しかし、ある程度背が伸びてきて、歯ブラシもとれるようになり、カップはちょっと背が足りない状況でした。

寝る前に最後のくちゅくちゅぺを「おとうさん来て」と言われましたが、「自分でやってみて」と言いました。

それでも今までとれなかったものですから、「大丈夫?」と聞くと「やってみる」と答えた子供に頼もしさを感じ、実際できたことで、とてもうれしくなりました^^

自分がやっていることが、子供に通じていることを実感した次第です。

ここまでは私の親ばかですが、私たち親(大人)は子供の小さな変化を見過ごしがちなのではないでしょうか?それを細かく見ていくと沢山の気づきがあり、子育ての修正が簡単にできると考えています。

また、子供は親が喜ぶからやろうとしがちです。

しかし、その時、できた時の子供の気持ちはどうだったのでしょうか?きっと嬉しかったはずです。本人は、あまりにも周りの反応がよいと、そのことを強く認識し、自分が嬉しかったことについて、認識が薄れてしまいます。

ですから、そのことを敢えて意識付けするように反芻してあげると、自分のために挑戦を始めることが気持ちよくなると考えていますし、私のところでは実際そうです^^


そして、子供の変化は微妙ですが、私たちが関心を持つことで子供が私たちに返すものは確実に増えていきます。

実際には増えるというより、私たちが気付かなかったことに気付き始めるということが増えていく・・・ということです。

過干渉はいけないといいますが、過干渉とはまた違う関心、それは見守り少し離れて観察してみることも含まれます。

このようなお宝を授かったことを本当に感謝しています^^

子供の「やってみる」との言葉にとても感動したので、ペンを走らさずにはいられませんでした^^子供をしっかり見ていれば、報われる瞬間が沢山隠れています^^

ですから、その瞬間を見逃さないでください。これは子供からの何にも代えがたい贈り物です。子供は私たちに沢山の贈り物を届け続けています。

では~(^O^)/
スポンサーサイト
2012/01/14 22:33 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/536-2f175213
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム