特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

今日は子供は誰のもの??と題しまして書いてみたいと思います。

あなたは自分の子他人の子、どんな風に思って接していますか?

自分の子は自分の子、自分の方針で育てると考えますか?

また、他人の子は他人の子だから、関係ないと思いますか?

上のような考え方の人もいると思うのですが、あなたはどう思いますか?



私の考え方ですが、私の子は神様から預かった子供だと思って育てています。ですから、他人の子も神様から預けられていますので、出しゃばった事はできませんが、その子にとって私ができる最善の接し方をしているつもりです^^

私の子については、私の方針なども入ってしまいがちですが、なるべく子供の考えを伸ばす方向で育てています。

ですから、「これはこうなんだからこうしなさい」というような主観的な躾はしません^^

その時はたとえば「これはこうなんだけど、どうしたほうがいいと思う?」とか、物をぞんざいに扱っているときなどは「これは○○のものだけど、壊れてもいいの?」というと本人は考えることがあるようです。

そのような問答で子供に考える力や、感性が育ってくれればいいなと思っています。

要約しますと、答えを最初から教えない、答えは子供自身で見つけさせるということでしょうか^^

正直面倒くさい時もあります^^;;

でも、神様からの預かりものですし、お宝なので、そんな風に考えてみると付き合わなければ^^と思うわけです。

ということは・・・・私もあなたも、神様の子供なんですかね^^すっかり忘れていましたが^^;;;

ちょっとそんな考えで子育てしてみると新鮮かもしれませんよ^^

では(^O^)/
:子育て
スポンサーサイト
2010/09/02 18:59 未分類 TB(0) コメント(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/tb.php/80-070179e1
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム