特別なことをやめると自然になります。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
新着記事
応援クリックお願いします!
プロフィール

差取り塾

Author:差取り塾
悟りの目線から明人が色々伝えさせて頂きます。
自由について、愛について書いています。

さらっと書かれている中に何かを読み取れるでしょうか。

Tさんのお話です。





私が自覚を続けてきた結果を書きたいと思います。

私が自覚を始める前は、とても私の考えに私が振り回され、私以外の全てに影響されていると考えていました。
なのでとても大変だと考えていました。

しかし、自覚を続けてきて、3年位になりますが、私が私の考えを観れるようになったため、私が私の考えに影響されにくくなりました。

結果的に今は私自身の考えがとてもシンプルになり、いろんな考えが削ぎ落とされて、かなり楽になっています。

それに後押しをして頂くように、明人さんのお言葉や、塾生皆さまとのスカイプでのやり取りから、いろんな私の考えが観れるため、気付きや理解が起こり、私が自覚を始める前と今とでは、感じられる全てにおいて深み(自覚でしかわからないと思います)が増しています。


簡単ではありますが、これが今私が自覚を続けてきた一つの結果であり、今も続いている一つです。
2018/02/07 14:27 塾生ブログ記事 TB(0) コメント(-)
多くの指導者が思い込みを呼び寄せる言葉を発し、それを聞いた者は思い込みに陥る。

それを繰り返してきた人から思い込みが消え去るまでは真実をみる機会を失います。

このブログを理解する人はブログを理解しに来る人ではありません。

真実を垣間見た人。または、真実に向き合う人です。

真実とは何か?

そういった疑問に答えを出そうとする人は真実を見逃す人です。

すべてはその瞬間に起こっていて、答えもあらわになっている。

その答えを目の当たりにしながら他の答えを探しているという事。それがどれほど真実から遠ざかる事なのかを知る事が本当の学びです。

それを知った者は自然に真実の知り方を学び知るようになっていく。

知る事は自然に起こるようになる。

その自然を自ら起こそうとすることほど自然から遠ざかる事はありません。

誰が起こそうとしているのか?

これは簡単な問いではないのですが、簡単に言葉で答えは出ます。

そこで真実からかけ離れた状態に落ち着きます。

雲が晴れれば青空が見えるように、自然にそれは起こります。

しかし、雲をどかそうとする努力は雲に対して有効かと言えばそうではありません。

地上から何をしても雲は雲の気の向くまま・・・・

だから待つしかないという人も、指導者もいます。

雲を無くす方法はあっても、地上で雲を眺めてなくなる事を願っている人からすれば信じる事は出来ないでしょう。

曇り空しか見たことがない人はそれが空だと言います。

青空を一瞬でも垣間見た人は空の青さを知り、知った時から何かが変わります。

言葉は雲で曇り空を構成します。


しかし曇り空も人によって空であることには変わりありません。

それが自由のなかで創造されています。

2018/02/03 11:14 明人の独り言 TB(0) コメント(-)
人間に元々備わっている事ですが、何が起こっているかしっかりわかると自然に良い方に変わるようになっています。

色々なことを想像してみてください。

誰に教わらなくても分かったことは沢山あるはずです。

備わったそれを活かすだけで人間は幸せに向かって歩みだします。

一生懸命勉強しなければいけないという事を信じている状態は物事を分かっている事でしょうか?

分かっているという事は、しっかり見えているという事です。

しっかり見ることに思考が介在する余地があるでしょうか。

介在することなく分かるという事は、ただ見るという事で、禅でもよく言われることです。

しかし、禅を「勉強」した(してしまった)人はそのまま見る・あるがままに見るという事を考えます。

道元禅師や白隠禅師をそのまま分かってみるなら、手に取るように伝わってくるものがあるはずです。


スポーツでも(芸術でも・なんでも)そうです。

何が起こっているかわからないのにフォームをつくろうとすることは、思考の葛藤が生まれます。

思考の葛藤をなくすために練習をするのですが、それは矯正です。

分かってみることは自然にフォームを変えていきます。

そして、結果に結びついていきます。

この違いが分かる人がどれほどいるでしょうか?


多くの人は矯正で物事の上達をしようとします。

それではストレスが起こるのです。

葛藤をなくそうと葛藤するのですから、大きなストレスに発展することも少なくありません。


それは心も同じなのです。


話は戻りますが、人間にはわかると自然に良い方向に進むという備わったものがあります。

それを活かして生きることがどれだけストレスなく生きていける要素なのかお伝えしています。


誰にでもあり、あなたにもあるのです。

それを呼び起こすだけで人生は好転し、自由でストレスのない生き方に変わっていくのです。

2018/01/26 15:19 悟り TB(0) コメント(-)
それはいけない

と言って、相手がそれをやめた時。

それでいいと思いますか?

世の中を変えようと、訴え、糾弾し、やめさせようとする事。

それがどういう事か分からないといけません。

・・・・・

・・・

分かった方はここから先を読む必要はありません。


2018/01/24 11:31 悟り TB(0) コメント(-)
何かを乗り越えようとする時、

どう乗り越えようか考え、試行錯誤を繰り返し、乗り越えるべきことが解決すると乗り越えたという実感とともに自信を深めます。

何かを乗り越え自信を深めるという事に疑いを持つ人がいるでしょうか。

問題や苦難を乗り越えることは輝かしいほどの価値を覚えるかもしれません。

そこから抜けないかぎり何かを頼りに自分自身の価値を決める事から自由になる事は出来ません。

乗り越えるべきものは本来何もなく、乗り越えたと考える今までの経験は全く違う真実を見出すことになるかもしれません。

それを見出した時、チャレンジの在り方が変わり、あなたの在り方が全く違ったものになります。

苦難に向き合えた瞬間、苦難は消え去ります。

苦難をどうにかすることは必要なく、真正面に向き合えた時、すでに解決への道筋がついています。

乗り越えたときは苦難ではなく、乗り越える前に苦難に感じたというだけの事です。

しかし、向き合い方を教えてくれるところはなかなかありません。

それさえできれば苦難や恐れは全くなくなるのです。

そういった経験をされた方は少なくないと思います。

しかし、なぜそうなったかはハッキリわかっている人は少ないように思います。


「そうか向き合えばいいんだ」

と言って一朝一夕にできるところの事ではありませんが、取り組めば誰でもできるようになります。

それはすべてを知る仕組みでもあるのです。
2018/01/17 23:39 悟り TB(0) コメント(-)
差取り塾のお知らせ
差取り塾へのお問い合わせはHPからお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム